生命の誕生の素晴らしさを伝える本「赤ちゃんが生まれる」




絵本の情報

赤ちゃんが生まれる

【作】ニルス・タヴェルニエ

【訳】中島 さおり

【出版社】ブロンズ新社

【ページ数】64

「赤ちゃんがうまれる」内容と感想

10か月間の胎内の様子を、リアルなCG画像で完全再現された本です。

 

私は妊娠中、お腹の中、胎児の様子を、目で確認することができないだけに、今、赤ちゃんがどんな状態なのか、気になって仕方がありませんでした。

 

この本は、受精から、誕生するまでの胎児の様子が、順を追って、クリアな画像とともに、綴られています。

 

今は〇週だから、こういう状態なんだ、と、イメージできるので、毎日読んでいました。

 

素晴らしいのは、出産を迎えたとき、どのように赤ちゃんが準備し、どれくらいの時間をかけて体位を変え、どのようにして出てくるのか、そして赤ちゃんは、その時々で何を感じているのか、までを教えてくれるところです。

 

リアルに出産をイメージできますし、何も知らずに恐怖を感じながら出産を迎える、ということもありませんでした。

 

なぜか、今も時々、この本が見たくなります。

 

文章量が多いので、子供に読み聞かせる本ではないのですが、要点を伝えながら、でしたら、十分に「命の軌跡」を知ることができるのではないかと思います。

 

これからお兄ちゃん、お姉ちゃんになる第一子のお子様と一緒に眺めるだけでも、十分理解を深めることができます。

 

特に、今まさにお腹に赤ちゃんがいる、という妊婦さんにおすすめですが、赤ちゃんが生まれてからでも、今、妊娠を望み赤ちゃんを待っている女性にも、是非おすすめしたい一冊です。

<幼児版もあります>

関連記事☟

胎児にも読み聞かせをしよう!胎教にもおすすめの絵本特集【10選】

2017.02.17

胎児にも伝わる。胎教で絵本の読み聞かせがおすすめな理由と効果

2017.02.16

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。