新一年生の頭の中!谷川俊太郎さんの詩が沢山入った絵本「いちねんせい」




絵本の情報

いちねんせい

【詩】谷川 俊太郎

【絵】和田 誠

【出版社】小学館

「いちねんせい」の内容(詩)

「あ」

せんせいが こくばんに

あ と かいた

あ びっくりしてるみたい

 

せんせが こくばんの

あ を さした

あ おおきなくちで うたってる

 

せんせいが こくばんの

あ を けした

あ つまんない

 

あ だいすき

あ またあおうね

 

「ひみつ」

あたし しってる

あたしの あと

あなたの あは

おんなじ あなのよ

 

ぼく しってる

どせいの いちばん

おおきな えいせいは

たいたん

 

そのほかに せんせいって

なにを おしえてくれるかな

もしかすると すごいひみつ

そっと おしえてくれるかな

 

「せんせい」

せんせいが

わたしの なまえを よびました

せんせいは

わたしの なまえを しってるんだね

 

せんせいが

めがねを はずして ふきました

せんせいは

ちょっぴり おとうさんに にている

 

せんせいは

みなみのしまで うまれたんだって

せんせいの

おかあさんは なくなったんだって

 

せんせいは

なかよくしようと いいました

せんせいも

ともだちが ほしいのかな

 

「もしも」

もしもあたまが おしりだったら

ぱんつは ぼうしになるだろう

もしもじめんが そらだったら

にじは とんねるのなかにでる

 

もしも6が 1だったなら

6ねんせいは 1ねんせいだ

もしもおかねが このはだったら

ぎんこうは みどりのもりだ

 

もしもひるまが よるだとしたら

おとなだって おねしょをしちゃう

もしもあなたが ぼくだったなら

このうたかいたのは あなたです

 

その他にこんな詩で構成されています

「なまえ」

「あたらしい こ」

「たかしくん」

「あいしてる」

「わるくち」

「あな」

「そら」

「つまんない」

「かみ」

「どうして?」

「にじ」

「くんぽんわん」

「って」

「ぱん」

「はえとへりこぷたあ」

「なつのゆきだるま」

「カロンセのうた」

「たいこ」




感想

「小学一年生」(小学館)に連載された、谷川俊太郎さんの詩に和田誠さんによって絵が加えられ、単行本になったそうです。

今春小学生になる、5歳の娘と読みました。

 

小学校での、何気ないひとコマ。

その時に自分の中にだけフッと湧いた感情。

自分自身が小学生だったときの、そんな一瞬一瞬がよみがえります。

 

子供らしい発想が上手く表現されており、思わずくすっと笑ってしまいます。

タイトルが「いちねんせい」ですので、一年生になる前の心の準備としてももちろんですが、実際に入学してからもう一度読んでみると「あるある」とうなずける部分が多いのではないかと思います。

 

そして一年生のお子様に限らず、低学年のお子様でしたら楽しめる内容ではないかと思います。

もともと谷川俊太郎さんのファンということもありますが、娘が入学したら購入し、家に置いておきたいと思っています。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。