素敵な乳歯の保管方法が見つかる可愛い絵本「ロージー、はがぬける」




絵本の情報

ロージー、はがぬける

【著】マリアン・マクドナルド

【絵】メリッサ・スイート

【出版社】冨山房

【ページ数】32

「ロージー、はがぬける」のあらすじ

可愛いうさぎの女の子「ロージー」のお話です。

 

ロージーは、ある日、歯が抜けます。

赤ちゃんのときから、ずっとロージーのだった、歯。

 

歯が抜けたら、妖精さんにあげなければいけない、という決まりを、ロージーは守りたくありません。

妖精さんに大切な自分の歯をあげたくないし、何より、自分が大人になりたいかさえ、分からないのです。

 

ロージーは複雑な気持ちでした。

 

「ごめんなさい。歯は、あげられないの。」

妖精さんに、お手紙を書いて、枕の下にしまいました。

 

すると、翌朝、妖精さんからお返事がありました。

 

それを読んだロージーは、その後どんな決断をするのでしょうか・・・

感想

ストーリーの最後に、ロージーに

「自分の歯がネックレスになった」

素敵なプレゼントが待ち受けています。

 

歯が抜けることに憧れを抱いている娘のために、図書館で借りた絵本です。

娘が気に入ったので、その後、購入しました。

4歳の娘が選んだおすすめの厳選絵本【2月】

2017.02.05

 

両親は、ロージーの複雑な思いを暖かく受け止め、深い愛情を持って接します。

娘の気持ちに寄り添う親として、素直に共感できました。

 

そして、我が家も、娘の望み通り

「私の歯が抜けたら、ロージーのプレゼントみたいに」

してあげたいと思っています。

 

娘の歯が抜ける日を、心待ちにしています。

 

お子様の、乳歯が生えかわる時期におすすめの絵本です。

 

>>こちらの絵本も人気です

 

※「ロージー、はがぬける」は現在新書で販売されていないようです。中古か図書館でお探しください

Amazonで中古の絵本、購入しても大丈夫?本の状態は?

2017.03.02

 







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。