主人公の僕を支えた、おじいちゃんのおまじない「だいじょうぶだいじょうぶ」




絵本の情報

だいじょうぶだいじょうぶ

【著】いとう ひろし

【出版社】講談社

【ページ数】31

あらすじ

「ぼく」と「おじいちゃん」の物語です。

 

「ぼく」が今よりもずっと赤ちゃんに近く、おじいちゃんが今よりずと元気だったころ、ぼくとおじいちゃんは毎日のように散歩を楽しんでいました。

 

ぼくが少し大きくなって、困ったことや怖いことに出会うたび、おじいちゃんはぼくの手を握り、おまじないのようにつぶやくのでした。

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 

魔法にでもかかったみたいに、どんどん広がっていく、ぼくの世界。

ぼくは「新しい発見や、出会い」の分だけ「困ったことや、怖いことにも出会うように」なります。

 

わけもなくぼくをぶつ友だち。

顔をしかめる友だち。

歯をむき出す犬。

自動車に、飛行機に、バイ菌に、あるれる文字。

 

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 

おじいちゃんの「おまじない」がぼくに教えてくれたのは「この世の中、そんなに悪いことばかりじゃない」ってことでした。

 

おじいちゃんの「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、魔法の言葉。

 

「無理してみんなと仲良くしなくていい」ってことだったり。

「わざとぶつかってくる車や飛行機もめったにない」ってことだったり。

「言葉が分からなくても、通じることがある」ってことだったり。

 

おじいちゃんは、決して多くを語ったわけではありませんが「だいじょうぶ だいじょうぶ」という言葉は、ぼくを肯定し、わけもなく広がる不安をしずめてくれました。

ぼくは、不安から解き放たれ、自分で歩けるようになっていきます・・・

感想

この絵本は、娘が幼稚園に行くのを嫌がっていた時期に読み聞かせました。

 

今まで知らなかった、新しく広がる世界。

同時に、心に満タンになった、不安な気持ち。

 

痛いほどわかるのだけれど、毎日励ましながら、娘を信じて見守ることしかできませんでした。

そんなとき、この絵本は、私の伝えたかったことを、より効果的に娘に伝えてくれました。

 

娘は「ぼく」に自分を重ね、少し安心したように感じられました。

暖かい気持ちになる、感動作です。

>>こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。