ひとりでお泊りさせる時期に読んであげたい絵本「ひとりでおとまりしたよるに」




絵本の情報

ひとりでおとまりしたよるに

【文】フィリパ・ピアス

【絵】ヘレン・クレイグ

【出版社】徳間書店

【ページ数】40

あらすじ

エイミーという女の子が、はじめて、おばあちゃんの家にお泊りに行くお話です。

 

エイミーはお母さんに「みっつ(三日間)お泊りしたいの」と切り出します。

 

そして、大事な宝物を「3つ」持ち、一人でお泊りに出かけます。

 

お泊りに行ったエイミーは、毎晩、自分の家のことが気になって仕方がありません。

持ってきた大事な宝物を、一晩にひとつ、バッグの中から取り出します。

 

すると、とても不思議なことが起こります・・・

 英国を代表する児童文学作家ピアスと絵本作家クレイグが、共通の孫のために作った、小さな成長を描く暖かな絵本。徳間書店の子どもの本20周年記念作品。

英国を代表する児童文学作家フィリパ・ピアスと、人気絵本作家ヘレン・クレイグが、共通の孫のためにつくった、しみじみと心にのこる絵本です。

感想

娘の幼稚園では、年長になると「お泊り保育」があります。

 

娘は、年少の頃から「ひとりでお泊りになんて行けない」と、神経質になっていました。

 

しかし、ある日「5歳になったら、おばあちゃんの家に一人でお泊りしてみる!」と言い出しました。

そして、4歳のある日、一人でお泊りができるようになりました。

 

この本は、そんな娘のために探して、読み聞かせた絵本です。

 

関連記事☟

お泊り保育を嫌がる娘と読んだ子供の本当の気持ちを描いた絵本「ぼくはいかない」

2017.07.05

 

子供の心の成長を暖かい絵と、文章で上手に描かれています。

 

ひとりでお泊りする前に。

または、ひとりでお泊り出来るようになったお子様に、是非読み聞かせてあげてください。

 

お孫さんをひとりでお泊りさせてあげたい、おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントとしても最適です。

>>こちらの絵本も人気です

>>こちらの記事もおすすめです

 







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。