切なさをおびた”可愛い”に魅了される日記絵本「ぼくがつぼくにちぼくようび」




絵本の情報

ぼくがつぼくにちぼくようび

【著】荒井 良二

【出版社】平凡社

あらすじ

日記のような、詩のような、一日一日を「不思議な絵」と「ふわふわとした文章」で綴った22編のお話しです。

 

「ぼくがつ ぼくにち ぼくようび」

僕が歩いていると、夕方色したピンクの雲に、何かいい事あったの?と聞かれたので・・・・

 

「ぼくがつ ぼくにち ぼくようび」

夜に窓を開けてフーハーッとおもいきり息を吸い込んだら、思い切り夜を吸い込んだみたいで僕はまるっきり夜になってしまって・・・

 

「ぼくがつ ぼくにち ぼくようび」

探し物をしてたら、ずいぶん前に買ったトランプが出てきて、やあ、久しぶりだねえ、と僕は声をかけてテーブルの上に広げてあげたのでした・・・

 

こんな感じで、淡々と、しかし独特の世界観で「ぼくがつぼくにちぼくようび」が綴られていきます。

感想

これは、私がずっと気になっていて、いつか読みたい絵本でした。

娘につきあってもらって、やっと読むことができました。

 

4歳の娘には、単調で、最後まで耐えられるかな?と心配だったのですが、最後まで、ケラケラと笑いながら、一緒に楽しむことができました。

全てのページが「ぼくがつ ぼくにち ぼくようび」で始まるところが、ツボだったようです。

 

やはり、荒井良二さんの世界観は大好きです。

漢字もほどほどに使われていて、自分で読むなら小学校3年生くらいからだと思います。

 

娘も、こんな「型にはまらない」日記を書くようになってくれないかな・・・と、どこかで期待してしまいます。

こちらも見る→「荒井良二その他の著書」

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。