‟行動する勇気と努力”主人公のひたむきさに感動する絵本「アマンディーナ」

アマンディーナ

【作・絵】セルジオ・ルッツィア

【翻訳】福本 友美子

【出版社】光村教育図書

【ページ数】32

アマンディーナは、いつものとおり、今日もひとりぼっちでした。

 

アマンディーナは、とても小さい犬ですが、色々なことができました。

おどりも踊れば、うたも歌います。

お芝居も上手だし、曲芸だって、できるのです。

 

でも、そんなことは、誰も知りません。

アマンディーナを知っている人は、誰もいなかったからです。

 

ある日、「もう、はずかしがるのは やめよう」

と、アマンディーナは思いました。

 

舞台に出て、自分のできることを、みんなにみてもらうことにしました。

早速、使われていない劇場を借りました。

 

アマンディーナは、手先が器用でした。

劇場の壊れたところを全てなおし、きれいにしました。

舞台で着る衣装も、全部作りました。

舞台装置や、小道具も考えて作りました。

 

全ての準備が終わると、招待状を出しました。

まちの あちこちに、ポスターも貼りました。

 

本番当日。

アマンディーナは舞台に立ちました。

しかし、劇場は、空っぽでした。

 

けれども、とにかく、決めたとおりに、アマンディーナは全部やりました。

そして、出し物が全て終わると、深々とお辞儀をしました。

誰もいないはずの客席に向かって。

 

ところが・・・

アマンディーナは、信じられない光景を目にします。

それは、とても幸せな結末でした。

 

思い切って、行動してみる。

最後まで、信じてやり遂げる。

そんなアマンディーナのひたむきさに、感動しました。

そして、最後は、5歳の娘と共に拍手をおくりました。

 

行動する勇気と、努力の先には、最高のご褒美が待っている。

そんな体験を、娘にもどんどんさせていきたい、と思わされた絵本でした。

 

色使いも優しく、心あたたまる絵本です。

>>こちらの絵本も人気です

 

 

 

 

世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します!

 

家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】