小さな落語家さんを生み出す絵本「十二支のどうぶつ小噺」




絵本の情報

十二支のどうぶつ小噺

【著】川端 誠

【出版社】BL出版

あらすじ

2人の子供が、落語家さんに「小噺」について聞いています。

「では、なにかネタをだしてごらん」という落語家さん。

子供たちは「では、十二支のどうぶつでやってみてください。」とネタを振ります。

 

「小噺」とは、短い噺(はなし)のことです。

小噺が集まって「落語」になります。

本のタイトル通り「十二支」の「ねずみ」から「いのしし」までを使って、落語家さんの小噺が始まります。

ひとつひとつはとても短いですので、子供も最後まで飽きずに楽しめると思います。

「ねずみ」

男がねずみを捕まえます。

すると、もう一人の青年がこのねずみは、小さい、とケチをつけます。

「いや、おおきい」

「いいや、ちいさい」

「おおきい」

「ちいさい」

と言っていると、中でねずみが・・・

「ちゅう」

(本文より抜粋)

こんな感じの小噺です。




感想

十二支を覚え、時々、高速でつぶやいている4歳の娘に読み聞かせました。

4歳の娘に通じるかな?と半信半疑だったのですが、おちの部分では「ぎゃぎゃぎゃ」と笑っていました。

同著者は「落語」の絵本を多く出版されており、娘はその落語絵本のファンです。

川端誠さんの絵本は、大人でも十分楽しめますので、お子様と一緒に、笑いながら読んでみてください。

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。