お父さんのいいわけに思わず吹き出す絵本「ふまんがあります」




絵本の情報

ふまんがあります

【文・絵】ヨシタケ シンスケ

【出版社】PHP研究所

【ページ数】32

あらすじ

「女の子」が、お父さん相手に、たまりにたまった不満をぶつけるお話です。

 

「私は今、怒っている。」

「なぜなら、大人は、色々とずるいからだ。」

「ちゃんと文句を言って、ずるいのを、やめてもらおう。」

「私は、不満があります!」

 

女の子が、普段大人に対して抱いている不満を、お父さん相手にぶつけます。

 

それに対するパパの切り返しの一つ一つが秀逸で、壮大で、ユーモアに溢れ、読んでいて笑いが止まらない本です。

感想

特に娘が気に入ったのが「どうして今忙しい、とか、またあとで、っていうの?」

という女の子への、お父さんの返答です。

 

「実は、そういうときは、たいてい、大きなおならを我慢しているんだ。」・・・

 

同著者の作品「りゆうがあります」の次にかかれたもので、続編感を大事にされた絵本だそうです。

 

我が家では「ヨシタケシンスケ」さんの絵本の中では、この「ふまんがあります」を一番最初に読みました。

もちろん「りゆうがあります」の先でも、後でも、問題なく楽しめる絵本です。

 

図書館で借りたのですが、表紙を見るなり「この絵本ほしい!」と、4歳の娘が言いました。

 

夜に読みきかせ、そして次の朝「どうして、大人は・・・!」とものすごい形相で、絵本の女の子の真似が始まりました。

そして、やっぱり「あの絵本、ほしい!」と言っていました。

 

今まで、大人への不満なんて口にしたことがなかった娘ですが、変な知恵を付けてしまいました。

でも、女の子の真似をする娘の姿もおもしろいので、買ってあげてもいいかな、と思っています。⇒「娘の厳選絵本」

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。