宝探しを一緒に楽しめる絵本「おたんじょうびのおくりもの」




絵本の情報

おたんじょうびのおくりもの

【作】村山 桂子

【絵】やまわき ゆりこ

【出版社】教育画劇

【ページ数】31

あらすじ

うさぎの「ぴょんぴょん」が、お友達のお誕生日に贈った「プレゼント」のお話です。

 

ぴょんぴょんは、お友達の「みーみ」のために、お誕生日の贈り物を考えます。

「そうだ!大事にとっておいた、リンゴをあげよう」

そう思い立ちました。

 

しかし、大事にし過ぎて、どこに隠したのか忘れてしまいます。

ここにもない、あそこにもない、家中を探し回ります。

 

あまりに大事にし過ぎて、隠し場所を何度も変えたのです。

ぴょんぴょんは最後、お隣のおばさんにリンゴをあげてしまったことを、思い出します。

 

みーみにあげようとしたはずの、プレゼント。

ぴょんぴょんは、困り果ててしまいました。

 

最後は、思いがけない素敵な展開が待っています。

みーみへのお誕生日プレゼントは、無事、渡すことができたのでしょうか・・・

感想

ぴょんぴょんが、リンゴを大事にし過ぎて、隠し場所をあらゆるところに変えていたという設定に、娘と一緒に思わず「変え過ぎでしょ!」と、突っ込みを入れてしまいました。

 

「そこじゃないでしょ」

「こっちじゃない?」

隣で絵本を見ていた娘も、ぴょんぴょんと一緒にリンゴ探しを楽しんでいました。

 

自分のお誕生日に、贈り物をもらった、というストーリーだと思って図書館で借りたのですが、主人公が、お友達の誕生日に贈り物をする、というお話しでした。

 

お友達のためを思う、優しい心も学べます。

深く考えることなく、純粋にストーリーを楽しめる絵本です。

 

絵に親しみがあるなぁと、読み進めながら思っていたのですが、「ぐりとぐら」の、やまわきゆりこさんの挿絵でした。

「ぐりとぐら」が好きなお子様が、喜ばれるかもしれません。

>>こちらの絵本も人気です

 







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。