骨の役割について分かりやすく学べる絵本「ほね」




絵本の情報

ほね

【著・絵】堀内 誠一

【出版社】福音館書店

【ページ数】28

あらすじと感想

「ほね」について学べる絵本です。

 

まず、「魚を食べると骨が残る。」

手軽に目にすることができる、身近な「骨」で興味をひきつけます。

 

そして、他の動物、人間の骨に移行していきます。

 

タコには、骨が、ない。

もしあなたの身体に骨がなかったら、立つことも、できない。

 

骨と関節、筋肉との関係にまで説明は及びます。

 

詳しすぎず、難しすぎず、幼児に読んであげるのにはちょうど良い、身体の仕組みの絵本です。

骨の役割について分かりやすく子供に教えてあげることができます。

 

身体の仕組み、見えない部分への興味を持ち始めたお子様に、おすすめします。

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!