つかみ食べを始めた子供に読んであげたい絵本「おいしいな!」




絵本の情報

おいしいな!

【著】きむら ゆういち

【出版社】小学館

【ページ数】10

あらすじと感想

ピクニックに行き、くまくんが持ってきたお弁当を、みんなで一緒に食べるお話です。

 

ねこさんが「いただきまーす」

スライド式になったねこの顔を引くと、オレンジやホットドックをもぐもぐ。

 

うさぎさんも、大きな口を開けて、りんごときゅうりを、コリコリ。

 

大きくてシンプル、カラフルな絵と、ページごとの楽しい仕掛けに子供は釘づけです。

離乳食や、手づかみで食べることを始めたばかりの赤ちゃん、小さい子供に食べる楽しさを教えてくれます。

 

読み聞かせているこちらも、ピクニック気分で楽しくさせてくれる絵本です。

読み聞かせるたび、目をきらきらさせてくれました。

 

2歳半くらいになると、自分でも引っ張ったり、しまったり、仕掛けを楽しめるようになると思います。

お誕生日のプレゼントや、出産祝いにもおすすめの絵本です。

>>こちらの絵本も人気です

<関連図書>







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。