いじめが起こったのは誰のせい?責任がテーマの絵本「わたしのせいじゃない」




絵本の情報

わたしのせいじゃないーせきにんについてー(あなたへ6)

【文】レイフ・クリスチャンソン

【絵】ディック・ステンベリ

【訳】にもんじ まさあき

【出版社】岩崎書店

【ページ数】24

「わたしのせいじゃない」のあらすじ

学校のやすみじかんに

あったことだけど

わたしのせいじゃないわ

 

はじまったときのこと みてないから

どうしてそうなったのか

ぼくはしらない

 

ほんとうは わたし みたの

だから しっているの

でも とにかく わたしのせいじゃないのよ

 

ぼくはこわかった

なにもできなかった

みているだけだった

 

自分のせいじゃないか

その子が かわってるんだ

ほかの子はみんな ふつうなのに

 

考えることがちがうんだ

ぜんぜん おもしろくないんだ

自分のせいだよ

 

ひとことも じゃべらなかった

ぼくたちを みつめていただけだった

さけべばいいのに

 

たたいても わたしは へいきだった

みんな たたいたんだもの

わたしのせいじゃないわ

 

わたしのせいじゃない?

この本はスウェーデンで生まれたシリーズの一冊です。

「わたしのせいじゃない」は、このシリーズのなかでもやや特異なシリアスな内容を備えています。

いじめの状況と、その責任のなすりあいが描かれ、後半の写真は多くのことを語りかけてきます。

訳者あとがきより




感想

わたしのせいじゃないわ。

ぼくはしらない。

そうなったのは自分のせいだよ。

 

ひとり一人の無視や少しの加担、責任逃れが、集団になると、ものすごく大きな力を持って誰かを苦しめる。

想像するだけで、恐ろしいです。

 

「それで、おきてしまったことの責任は、誰が取る?」

そんな場面を、娘もこれから経験していくのだろうなと思いながら読み聞かせました。

 

いじめを題材にした絵本ですが、後半には「戦争」「飢餓」などの写真が載せられています。

そこでハッと気づかされます。

 

わたしのせいじゃない?

 

大人にもおすすめの絵本です。

【大型判】

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。