同タイトルの歌も。卒園時期に読みたい絵本「みんなともだち」




絵本の情報

みんなともだち

【文】中川 ひろたか

【絵】村上 康成

【出版社】童心社

【ページ数】32

「みんなともだち」のあらすじ

がっこういっても ずっとともだち

みんなともだち ずっとずっとともだち

おとなになっても ずっとともだち

 

みんなっしょに うたをうたった

みんないっしょに えをかいた

みんないっしょに おさんぽをした

みんないっしょに おおきくなった

 

みんないっしょに プールであそんだ

みんないっしょに ロボットをつくった

みんないっしょに かけっこをした

みんないっしょに おおきくなった

 

みんなともだち ずっとずっとともだち

がっこういっても ずっとともだち

おとなになっても ずっとともだち




感想

「みんなともだち」を知ったのは、娘が幼稚園で習ってきて、それを家で口ずさんでいたからです。

歌詞ももちろんですが、メロディーもとても素敵です。

 

来年、小学校に入学する娘。

成長して大きくなった!私、お姉さんみたいでしょ!と、本人も入学を心待ちにしています。

 

先に進むことも大事だけれど、心も身体も一緒に大きくなった幼稚園のお友達、お世話になった先生方に、できれば感謝の気持ちを持ってほしいなぁ、と卒園前に何冊かそのような絵本を読んでいます。

あとは、残り少ない幼稚園での生活を、思い切り楽んで!という気持ちです。

 

卒園に関する絵本を読むたびに、様々なことが思い出されます。

卒園前の、お母さんの心の整理や準備にもおすすめです。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。