夢いっぱいの素敵なお家が楽しめる絵本「すてきなおうち」




絵本の情報

すてきなおうち

【作】マーガレット・ワイズ・ブラウン

【訳】野中 柊

【出版社】ブルーベル館

あらすじ

色んな生き物の「おうち」が出てくるお話です。

 

「これは だれの おうち?」

「これは だれの おうち?」

「じゃあ、これは?」

 

問いかけのあとに、ページをめくると、様々な生き物の「おうち」が現れます。

 

人間、馬、鳥、亀、亀、かたつむり・・・

 

最後は、空から、羽の生えた、とっても素敵なおうちが、やってきます。

さて、空から現れたのは、一体、誰のおうちだったのでしょう・・・

感想

とにかく絵がカラフルで、可愛いらしい絵本です。

子供との掛け合いも楽しみながら読み進めることができます。

 

このお家は、どんな動物が住んでいるのかな?

子供の、想像力が膨らみます。

 

夢いっぱいの素敵なおうちが、沢山楽しめる絵本です。

こちらも見る⇒「マーガレット・ワイズ・ブラウンその他の著書」

>>こちらの絵本も人気です

>>おすすめの記事







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。