一年生になる前に読みたい!女の子におすすめの絵本「一年生になるんだもん」




絵本の情報

一年生になるんだもん

【文】角野 栄子

【絵】大島 妙子

【出版社】文化出版局

【ページ数】32

「一年生になるんだもん」のあらすじ

今日は、さっちゃんのお誕生日。

6歳になりました。

 

さっちゃんは、これから色々と一年生になる支度が始まります。

それが嬉しくてたまりません。

 

お友達と学校ごっこをしたり

小学校へ上がるための健康診断を受けたり

名前を書く練習をしたり

お母さんが学校に持っていく手提げ袋を作ってくれたり

ランドセルが届いたり

入学式のお洋服を選んだり

持ち物の準備をしたり・・・

 

そして、ついに入学式当日を迎えます。

さっちゃんは、ワクワクしながら一日を過ごしました。

一日の出来事をお父さんに報告しました。

 

そして、ランドセルを横に、鉛筆を握りしめたまま眠りにつきました。




感想

娘が小学校に入学する前に、読みました。

 

ちょうどこの絵本のさっちゃんのように、娘も、入学前にお友達と学校ごっこをしてよく遊んでいました。

女の子なので、新しい文房具へのワクワク、可愛いランドセルを持てることの喜びにあふれていました。

 

キラキラとした笑顔が印象的なさっちゃん。

特に女の子におすすめの絵本です。

 

小学生になるのをまだ少し不安に感じているお子様の、期待感を高められるいい一冊だと思います。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。