”ウソも方便”お母さんに数々の言い訳をする絵本「りゆうがあります」




絵本の情報

りゆうがあります

【作・絵】ヨシタケ シンスケ

【出版社】PHP研究所

【ページ数】32

あらすじ

「ぼくは ハナを ほじる クセが ある。」

ちゃんとした りゆうが あれば、ハナを ほじっても いいんじゃないだろうか。

 

爪を噛む。

貧乏ゆすりをする。

ご飯をボロボロこぼしちゃう。

椅子の上で、じたばたしちゃう。

ベッドの上で、ビョンビョンしちゃう。

 

いつも大人に注意される様々な「クセ」について、その場で思い付いた「ウソ」の理由を説明し、お母さんを納得させようとします。




感想

ヨシタケシンスケさん独自の手法で、子供を笑わせてくれる絵本です。

 

まず、「クセ」と「ウソ」という、2つのキーワードがあって、そこに色々と盛り込んで作られたお話だそうです。

子供の言うことを聞くお母さんの姿勢が素晴らしいのですが、ヨシタケさん自身の「こういうふうにできたらいいな」という理想だそうです。

 

「それを屁理屈って言うんでしょ」「ウソはいけません」・・・

そういうお母さんだったら、確かに、こんなに面白く仕上がらないかもしれません。

 

ヨシタケシンスケさんの絵本は、これまでに4冊読んだのですが、娘は全て爆笑でした。

早いうちに、全てのご著書を読んでみたいと思います。

 

続編「ふまんがあります」も、かなりおすすめの1冊です。

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。