あらゆるものの家を美しく描いた絵本「わたしのいえ」




絵本の情報

わたしのいえ

【作】カーソン・エリス

【訳】木坂 涼

【出版社】偕成社

【ページ数】34

「わたしのいえ」のあらすじ

いなかの広々とした丘の上。

家が一軒、たっている。

 

まちでは、家と家が隣合って、

窓を開けると、お隣さん ハロー!

 

海を行く大きな船が、家

という人もいれば、

木の皮で作った、まるい小さな家で暮らす人もいる。

 

豪華な宮殿も、あるひとにとっては、一軒のおうち。

薄暗い地下のあなぐらも、誰かにとっては、大事なおうち。

 

くつの家で暮らすのは、お話の中のおばあさん。

 

昔、海だったところに家がたって、

昔、海の底に沈んだ家もある。

 

すっきりした家と、飾り付けた家。

せいたかのっぽの家と、低い家。

 

こんなに高い崖の上にも?

 

ここは誰のおうち?

 

この家には誰が住む?

 

どうして、ここに住むことに?

 

あなたの家は、どこ?

どんなふうな、おうちかな・・・




感想

ずいぶん前ですが、娘が「家って何?なんでみんなそれぞれの家に住んでるの?」と、聞いてきたことがあります。

その時は、加古里子さんのご著書「あなたのいえ わたしのいえ」という絵本を一緒に読みました。

そのときの娘の疑問を的確に解決してくれる内容でした。

 

こちらの絵本は、私が表紙の絵に惹かれて、図書館で借りました。

なぜか、子供の頃から絵本でみる「家」が大好きです。

その家でどんな人が、どんな生活をおくっているのかなぁ?と永遠と考えをめぐらすのが楽しくてたまりませんでした。

 

この絵本は、人はもちろん、人間以外の、この世界でくらす動物、神様に至るまで、それぞれの家や暮らしを、美しく描いています。

子供の頃に、こんな絵本に出会いたかった!と思いました。

この絵本をきっかけに、親子で、家について色々と語り合う時間もとても楽しかったです。

 

長年児童書の挿絵や、音楽関連のアートワークで活躍してきた著者が満を持して完成させた、デビュー作。

【関連図書】

おすすめの関連記事☟

大人にもおすすめ!美しい絵本、絵が綺麗な絵本特集【10選】

2017.08.18

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。