直球の愛情表現に心が満たされる絵本「どんなにきみがすきだかあててごらん」




絵本の情報

どんなにきみがすきだかあててごらん

【著者】サム・マクブラットニイ

【絵】アニタ・ジェラーム

【出版社】評論社

【ページ数】32

あらすじ

大きな茶色い野うさぎ「デカウサギ」と、小さな茶色い野うさぎ「チビウサギ」の物語です。

 

チビウサギは、デカウサギに聞いてみたくなりました。

「どんなに、君が好きだか、当ててごらん。」

 

そこから、デカウサギとチビウサギの、どちらがどれだけ相手を好きと表現できるかの、競争が始まります。

 

どんなに手を大きく広げてみても、どんなに背伸びしてみても、どんなに頑張ってジャンプしてみても、チビウサギはデカウサギの大きさに勝つことができません。

 

夜になって、眠くなったチビウサギは、言います。

「ぼく、お月さまに届くぐらい、君が好き。」

 

そして眠りに落ちます。

 

デカウサギは、ほほえみながら、ささやきます・・・

感想

最後も、やはりデカウサギのほうが大きな愛情表現をして、物語が終わります。

その言葉に、胸を打たれました。

 

2わのうさぎは、親子のように心が通じ合っています。

この絵本に出会う前から、我が家でも、娘と2人、どちらがどれくらい好きか表現して競って遊んでいました。

まるで、自分たちを見ているようで、親近感を覚えました。

 

絵本としては、文章が少なく、4歳の娘には少し物足りないようでした。

しかし、内容は素晴らしく、挿絵もほのぼのとしていて、子供に安心感を与えられるおすすめの絵本です。

是非、手に取って読んでみていただきたい一冊です。

>>こちらの絵本もおすすめです

<関連図書>







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。