どうして泣くんだろう?第10回日本絵本大賞受賞「ないた」




絵本の情報

ないた

【作】中川 ひろたか

【絵】長 新太

【出版社】金の星社

「ないた」のあらすじ

ころんで ないた。

 

ぶつけて ないた。

 

けんかして ないた。

 

しかられて ないた。

 

くやしくて ないた。

 

まいごになって ないた。

 

うれしくて ないた。

 

こわくて ないた。

 

おわかれのときに ないた。

 

ひさしぶりに あえて ないた。

 

そういえば、おとうさんが ないたのを みたことがない。

おとなは なんで、なかないんだろう。

 

どうして ぼくは なくんだろう。

いちにち いっかいは ないている。

 

ぼくも おとなになったら なかなくなるんだろうか。




感想

第10回(2004年)日本絵本大賞受賞の作品です。

 

第22回(2017年)、今年の日本絵本賞の作品はこちら☟

第22回(2017年)日本絵本賞の絵本特集

2017.04.14

 

たぶん、どんなことも、「泣く」ということで、意思を伝えようとする子、

だから、毎日ちょっとしたことで、泣いてしまう子、

それが、主人公の「ぼく」なのだと、思います。

 

5歳の娘は、普段はあまり泣きません。

しかし、感動したり、もらい泣きは、よくします。

 

「泣く」って、人それぞれだし、動物だって、「鳴く」。

 

あの子は何で泣いたのかな?

あの動物は、今、何で鳴いたのかな?

私は、僕は、いつ、どんなときに、泣くかな?

男の子は、泣いたら格好悪いのかな?

大人は、何で泣かないのかな?

ほんとに、泣いてないのかな?

 

「なく」ということに関して、深く考えるきっかけをくれる絵本です。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。