夏におすすめ!虫好きにはたまらない絵本「ぼくらのむしとり」




絵本の情報

ぼくらのむしとり

【文】柴田 愛子

【絵】伊藤 秀男

【出版社】ポプラ社

【ページ数】33ページ

「ぼくらのむしとり」のあらすじ

「あみと かごは 1こずつ もっていこうな」

「うん。とった むしは みんなのものなのな」

 

「きょうは やけに セミがないてるぞ」

「たくさん つかまえられそうだな」

 

「しずかにしろ、いたぞ!」

「ようすけなら とどくな、いけ!」

「とったー!」

 

「バッタ つかまえた!」

「どれどれ・・・」

「バッタのあしだけ もってみろよ。おもしろいぜ」

「きょうへい わらいすぎ、かごのなかに いれろ!」

 

「カマキリ つかまえた!」

「かっこいいよなー」

「バッタおさえて たべるの みたことあるか?」

「あるある、すごいよなぁ」

 

「まてよ、たしか、このへんに、アリのすが あったよな」

「この、よわったセミにしよう」

「おれは、はねをとる」

「おれは、てとあし」

「じゃあ、あたまだな」

「まだ おおきいから、はんぶんにしよう」

「きょうのごはんは、せみ1ぴき!」

 

「カブトムシだぁー!」

「すげー」

「でかい!」

「しゅうすけ、これ、みんなのものだよな!おれたち4にんのだよな、そうだよな!」

「うん。そうだよ。わかってる」

 

「あそび島に かえろうぜ!」

「おれが、みんなに みせる」

「おれが みせる」

 

「おーい、カブトとったぞー」

「おれたち みつけたんだ」

「さーて、またいくかぁ!」

「ついてきても いいぞぉー」

「カブトいたとこに あんないしてやるよ」

 

「こんどは クワガタが いるかもなー」




感想

5歳の娘に大好評の「あそび島」シリーズです。

この「ぼくらのむしとり」は、全てが会話文で構成されています。

 

とても臨場感があり、一緒に虫とりにいっている感覚を楽しむことができます。

女の子ですが、虫が大好きな娘は、アリ、ミミズ、カエル、なめくじ、ばった、だんごむしなどを採取しては、毎日お友達に自慢しています。

 

虫が沢山出てくる夏は、そんな娘にはワクワクする季節のようです。

「こんな男の子の友達がいたら、いいな。」

絵本を読みながら、想像して、楽しくて仕方がないといった様子でした。

 

特に虫好きの男の子におすすめの絵本です。

「あそび島」シリーズ男の子におすすめの関連記事☟

2001年(第7回)日本絵本大賞受賞の絵本「けんかのきもち」

2017.06.15

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。