大きなことを考えたくなる絵本「シロナガスクジラより大きいものっているの?」




絵本の情報

シロナガスクジラより大きいものっているの?(ふしぎだな?知らないこといっぱい)

【作】ロバート・E・ウェルズ

【訳】せな あいこ

【出版社】評論社

「シロナガスクジラより大きいものっているの?」のあらすじ

これ、なんだかわかる?

シロナガスクジラのしっぽだ。

”おびれ”っていう。

このおびれのところだけで、ちきゅうじょうの、たいていのいきものより大きいんだよ。

 

からだぜんぶだと、ちきゅうじょうのすべてのいきもののなかで、いちばん大きい。

でもね、シロナガスクジラだって、この世でいちばん大きなものじゃないんだ。

 

エベレスト山は、すごく、すごくでっかい。

もし、山のなかがからっぽになっていたら、シロナガスクジラを100匹入れたびんが、100万ははいるくらい。

でもね、エベレスト山だって、いちばん大きいものには、まだまだかなわない。

 

もし、エベレスト山を100個、次々に積み上げたとしても・・・

ちきゅうから見れば、ちょこんとヒゲがはえたようなもの!

だからって、ぼくらの地球が、この世でいちばん大きいなんて、思っちゃいけないよ。

 

宇宙は、ぼくらが知ることができる物の中で、いちばん大きいもの。

うちゅうは、シロナガスクジラより、うんとうんと大きい。

この本に書いてあるのは、うちゅうのこと。それから、ほかのたくさんの大きなもののこと。だから、100万とか、10おくとかの数も出てくる。これがどれくらい大きな数かっていうとね。ほんとうにほんとうにがんばって10おくまで数えようと思うなら、数を数えるのをしごとにしたほうがいいね。だって、毎日12時間数えつづけても、50年いじょうかかるんだから!この本を読んで、きみがなにか大きなことを考えたくなってくれるとうれしいな。

前書きより




感想

100万、10億という数字は、5歳の娘には、少し難しいかな?と思いましたが、目をキラキラさせて最後まで見入っていました。

 

まず、シロナガスクジラの「おびれ」の大きさから始まります。

「へぇ~そんなに大きんだ!」

 

そして、シロナガスクジラの体全体がどれだけ大きいかを知ります。

「そんなに大きいクジラなんて、いるの?」

 

それから、エベレスト山の話になると、

「富士山が何個分?100個分くらいだね!」

 

普段は読み聞かせのときにしゃべることは少ないのですが、予想以上の反応に、こちらが驚いてしまいました。

楽しみながら学ぶことができますので、小学生になったら、もう一度一緒に読んでみたい絵本です。

 

この絵本はシリーズ化されているようです。

是非、他シリーズも読んでみたいと思っています。

【関連図書】

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。