入園前の心の準備に読み聞かせてあげたい絵本「メルくんようちえんにいく」




絵本の情報

メルくんようちえんにいく

【著】おおとも やすお

【出版社】福音館書店

【ページ数】32

あらすじ

あなぐまの「メルくん」が幼稚園に入るときの、お話です。

 

メルくんは、ぬいぐるみの「ツギハギ」が大のお気に入り。

メルくんが「ツギハギ」と一緒に幼稚園に行くことを望んでいるので、家族がツギハギにも帽子やカバンなどを作ってくれます。

 

今日は入園式。

メル君が幼稚園に向かう途中、近所の犬のおじさんや、うさぎのおじいさん、ねこのおばさん、カラスたちに「おもちゃを幼稚園に持って行ってはいけないよ」と言われてしまいます。

 

すると、メルくんは、大泣きしてしまいます。

 

そんなメルくんを、お母さんは優しく抱き「大丈夫」と言います。

 

子供たちが集まる、幼稚園。

心配そうな顔をするメルくんに、お母さんは、だまってうなずきます。

 

「人形は、あちらの先生にお願いしましょう!」

 

幼稚園の先生は、みんなにぬいぐるみの「マムマム・ダッコ先生」を紹介してくれました。

メルくんのぬいぐるみは、大きなぬいぐるみ「マムマム・ダッコ先生」に預けることになりました・・・

感想

規則よりも、息子の不安を少しでも取り除いてあげようと、お気に入りのぬいぐるみを持たせてあげるお母さんと、幼稚園の優しい先生の対応に心が和みました。

 

はじめて、お母さんから離れ、はじめて、経験する集団生活。

入園前、不安なのは子供よりお母さんかもしれません。

 

はじめての体験に、意外と子供はワクワクしてくれるものです。

娘は、初日から数日、楽しく順調に幼稚園に通っていました。

 

しかし、その後「幼稚園には行きたくない!」と泣きわめく日々が訪れました。

入園前、心の準備が足りなかったのだなと、よく反省しました。

 

入園後少し経って、娘が気づいたように、やっぱりまだまだ「お母さんと一緒」がいい、この時期。

幼稚園には、お母さんと一緒には行けないけれど、優しい先生や、お友達がたくさん待ってるよと、そっと教えてあげるのにこの絵本は最適だと思います。

 

娘にも、入園前の心の準備として読んであげたら良かったと、今思います。

入園前のお子様、お孫さんへのプレゼントとしてもおすすめです。

>>こちらの絵本も人気です

 

※この本は現在、新書では販売されてないようです。中古か図書館でお探しください⇒中古の絵本を購入する際のコツ







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。