プロポーズや大切な人へのプレゼントに最適な絵本「まってる。」




絵本の情報

まってる。

【著者】デヴィッド・カリ、セルジュ・ブロック

【翻訳】こやま くんどう

【出版社】千倉書房

【ページ数】52

あらすじ

“おにいちゃん”ってよばれる日を・・・

おやすみのキスを・・・

雨がやむのを・・・

クリスマスを・・・

 

運命がつながる日を・・・

映画のはじまりを・・・

彼女との再会を・・・

 

元気にもどってくる日を・・・

戦争が終わるのを・・・

彼女からの手紙を・・・

 

「いいよ」ていう返事を・・・

ぼくたちの赤ちゃんを・・・

男の子かな?女の子かな?・・・

ぼくの帰りを 子どもたちが・・・

 

「心配ないですよ」という ひとことを・・・

「さようなら。ありがとう」って言わなきゃいけない日を・・・

 

・・・・・・まってる。

感想

細長い絵本に、黒の線でシンプルに描かれたイラスト。

全てのページに登場する、「赤い糸」が映えます。

 

おにいちゃんって呼ばれる日を待っていた少年。

成長し

やがて運命の女性と出会い

子供が生まれ

お互いに年老いて

奥さんと、お別れの時を迎え

成長した子供たちが、また、新しい家族を築いていきます。

 

細長い形状がおしゃれな、フランスの絵本です。

フランス語と日本語の両方が載っています。

私は、フランス語については、全くわかりませんが、小山さんの翻訳は、とっても優しくて、あたたかな気持ちになります。

 

プロポーズ、特別な相手へのプレゼントに最適な絵本です。

>>こちらの絵本も人気です

 







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。