擬人化された猫の心あたたまる物語「たったひとつのねがいごと」




絵本の情報

たったひとつのねがいごと

【著者】バーバラ・マクリントック

【翻訳】福本 友美子

【出版社】ほるぷ出版

【ページ数】32

あらすじ

ある日、モリーは、マントをはおり ぼうしをかぶって、

ばんごはんのさかなを かいにでかけました。

おかあさんが、かぜをひいて ねこんでしまったからです。

 

そこで、「ちょっとあなた」と、知らないおばあさんが、声をかけてきました。

 

モリーは、知らないおばさんから、今夜、お皿の魚から1本、骨が見つかり、それは魔法の骨であることを告げられます。

そして、その骨は、一度だけ、どんな願い事をも叶えてくれるのだと、言われます。

 

そのおばあさんの正体は、モリーを守る妖精でした。

 

その晩、モリーが食べた魚から、本当に1本だけ、骨が残りました。

モリーの兄弟たちは、モリーがどんな願い事をするのか、気になって仕方がありませんでした。

 

モリーは、本当に叶えてほしい願い事が見つかるまで、待ってみることにしました。

 

ペットのうさぎが苦しんだり、大事なお皿が割れたり、おばけが出たり。

モリーの家には、様々な事が起こります。

兄弟たちは、その度に「魔法の骨」を使うようにモリーにお願いしますが、モリーは、様々な方法で、それらの問題を解決してしまいました。

 

あくる朝、一番下の兄弟が、自分も「魔法の骨」を手に入れようと、魚の市場に向かいました。

そして、迷子になってしまいます。

 

家族がどんなに探しても、見つかりませんでした。

雪の降る、寒い日。

日が暮れても、見つかりません。

 

モリーは、魔法の骨を使いました。

すると、妖精のおばあさんが、迷子の兄弟を連れて現れました。

それだけでなく、妖精のおばあさんは、兄弟ひとりひとりに、小さな贈り物をして、消えてしまいました・・・




感想

英国の作家チャールズ・ディケンズのお話にヒントを得て、著者が描いた絵本です。

この絵本に登場するのは、全て擬人化された「猫」。

 

何でも望みが叶う、と言われたモリーは、決して目先のことに魔法の力を借りようとせず、起きた問題を着実に、堅実に解決していきます。

 

兄弟の面倒見もいいモリー。

大事に大事に「魔法の骨」をとっておいたのに、やはり、使ったのは、兄弟のためでした。

 

マクリントックらしい、細部に渡り、丁寧に描かれた、心温まる絵本です。

プレゼントにもおすすめの一冊です。

>>こちらの記事もおすすめです

大人にもおすすめ!美しい絵本、絵が綺麗な絵本特集【10選】

2017.08.18

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。