病院嫌い克服、食事の楽しさを教えてくれる絵本「アントンせんせい」




絵本の情報

アントンせんせい

【作】西村 敏雄

【出版社】講談社

【ページ数】36

「アントンせんせい」のあらすじ

ここは アントンせんせいの どうぶつびょういんです。

 

まいにち いろいろな どうぶつたちが やって きます。

 

トントントン

最初にやってきたのは、ニワトリ。

 

「こ、こえが でないんです・・・・。わたしは まいあさ もりの どうぶつたちを おこすのが しごとなので、とても こまって います。」

 

次にやってきたのは、トラ。

「あさから おなかが いたくて、ねつも でて いるんです。」

 

今度は、ワニ。

アガガ ガガ・・・。

カバのまねをして、大きな顎が外れてしまったのです。

 

次から次へと、動物たちがやってきます。

腰が痛い、ヘビ。

脚の疲れが取れない、フラミンゴ。

頭がかゆい、バイソン。

鼻がからまってほどけない、ゾウ。

おならがくさい、スカンク

 

アントンせんせいは、大忙しでした。

 

そして・・・・・

ヤギを診察中、突然

バターン!

と倒れてしまいました。

 

アントン先生は、ご飯を食べていなかったのです。

 

そこで、動物たちが集まって、アントン先生に栄養満点のシチューを作りました。

 

おいしいシチューを食べて、

アントン先生は、元気になりました。




感想

5歳の娘は、気に入ったようで、続けて2回読みました。

 

年齢の割には口が達者で、大人びたところのある娘ですが、未だにこういった、いかにも幼児が喜びそうな単純なストーリーが大好きです。

 

アントン先生がとても優しい人柄で、恐れられている動物たちも、つい弱みを見せてしまいます。

病院は怖くない、注射も怖くない、ということを、そっと教えてくれます。

 

また、動物たちが「コトコト グツグツ」作るお料理の様子がとても楽しそうです。

そして、思わずシチューが食べたくなってしまいます。

 

アントン先生のように、

食べないと、倒れてしまうよ。

おいしい食事は、元気をくれるよ。

など、「食べることの大切さ」も教えてくれる絵本です。

 

病院嫌いなお子様、食の細いお子様に読み聞かせてあげると、効果が得られるかもしれません。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。