女の子におすすめの夢を与えてくれる可愛い絵本「ふしぎなお人形ミラベル」




絵本の情報

ふしぎなお人形ミラベル

【著】アストリッド・リンドグレーン

【絵】ピア・リンデンバウム

【出版社】偕成社

【ページ数】25

「ふしぎなお人形ミラベル」のあらすじ

いままであったことで、いちばんふしぎなことを

おはなししましょう。

 

2年前のことです。

わたしが六つのときでした。

いまは八つなんだけど。

 

わたしのなまえは、ブリッタ・カイサ。

わたしは、おかあさんとおとうさんと、

小さなにわのある、小さなうちにすんでいるの。

 

二年前のことなんだけど、わたしは、ほんとにほんとに

お人形がほしかったの。

でもおかあさんは、お金は、ごはんや洋服やほかのだいじなものにつかうから、人形なんてむりよ、といいました。

人形をかってもらえないとわかっても、ほしいっておもう気持ちはとめられませんでした。

 

そんなある日、ブリッタ・カイサは一人でお留守番することになりました。

夕方、両親の帰りを待つために、外にでました。

 

すると、馬車に乗った小さくて不思議なおじいさんがあらわれました。

そのおじいさんは、小さな黄色い種をくれました。

たねは、金色に輝いていました。

 

ブリッタ・カイサは、庭に種を植えると、毎日水やりをしました。

そしてはえてきたのは、おもっていたのとまったく違うものでした。

 

信じられないかもしれませんが、生えてきたのは、人形でした。

ブリッタ・カイサは、ほしかった人形を手に入れました。

 

マルガレータと名前をつけ、一日中遊びました。

そして、さらに驚くのは、人形がしゃべったことです。

 

「あたしのなまえは、マルガレータじゃない。ミラベルっていうの。」

ミラベルはとってもおしゃべりで、そしてちょっとお転婆で、わがままでした。

 

ミラベルが口をきいたり、食べたりするのを知っているのは、ブリッタ・カイサだけでした。

 

ミラベルがきてから、もう2年になります。

世界中に、こんなに素敵な人形を持っている女の子は、ほかにいないと思います。

 

わたしの、きれいですてきなミラベルをみたい人は、

うちにあそびにきてください。

 

ミラベルとまっています。

きっとね。




感想

絵本の内容は、実際には起こり得ない事ばかりですが、小さな子供に、「もしかしたら、そんな不思議なことが、本当にあるのかもしれない」と夢を持たせてくれる絵本です。

女の子の大事なお人形「ミラベル」との出会い、そしてミラベルとの生活。

女の子なら、誰でも憧れるようなお話の設定です。

 

挿絵も可愛く、娘はとても気に入ったようです。

その後購入しました☟

4歳の娘が選んだおすすめの厳選絵本【1月】

2017.01.30

読み終えたあとは、素敵な余韻に浸ることができる、特に女の子におすすめの絵本です。

 

お誕生日のプレゼントとしてもおすすめです。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!