好き放題、最高の一日を過ごした女の子の物語「ほんとにほんと」

絵本の情報

ほんとにほんと

【著者】ケス・グレイ

【絵】ニック・シャラット

【翻訳】よしがみ きょうた

【出版社】小峰書店

あらすじ

デイジーは、ごきげんです。

 

今日は、ママが夜遅くまでお出かけでいません。

ママの代わりに、一緒にお留守番をするお姉さんが、はじめて来てくれました。

 

ママがタクシーに乗り込みました。

 

もぐもぐ

「あら、どうして紙なんか、食べているの?」

一緒にお留守番をしてくれるお姉さん「アンジェラ」が、たずねました。

 

「紙なんか、食べてないよ」

「ほんと、ほんと」

デイジーは、ちょっと、うそをつきました。

 

「お腹がすいたでしょ?いつも、何を食べるの?」

アンジェラに聞かれると、デイジーは答えました。

「アイスクリームと、フライドポテト」

 

アンジェラ:「ほんと?」

デイジー:「ほんと、ほんと」

デイジーは、ほんのちょっと、うそをつきました。

 

「牛乳を持ってくるわね」

アンジェラがそう言うと、デイジーは、また、ほんのちょっと、うそをつきました。

「うちは、レモネードしか飲んじゃいけないことになってるの。」

「ほんと、ほんと」

 

アンジェラ:「いつも 何時にねるの?」

デイジー:「早い日は、12時くらい」

 

アンジェラ:「お風呂にはいりましょうね」

デイジー:「でも、汚くなってないから、いいの」

 

アンジェラ:「パジャマに着替えましょうね」

デイジー:「あたし、いつもこのまま寝るの」

 

デイジーは、「ほんと ほんと」と、アンジェラをだまします。

 

そして、12時頃、家の前でタクシーが止まる音がきこえました。

デイジーは、逃げるように、2階の子供部屋に行きました。

 

ママは、心配そうにアンジェラに聞きました。

「デイジーが、メモを渡したでしょ?書いてあったこと、ちゃんとやってくれた?」

 

「デイジーは、とってもいい子でしたよ」

「ほんと、ほんと」

アンジェラは、ほんのちょっと、うそをつきました・・・

感想

デイジーシーリーズが大好きな5歳の娘に読みきかせました。

悪知恵が働くデイジー。

アンジェラに渡さなくてはいけない、ママのメモを、食べてしまいました。

 

そして、デイジーの嘘を見抜きながらも、ちゃんと従ってくれる、優しいアンジェラ。

嘘がバレバレなのに、好きなようにさせてくれるアンジェラとデイジーの1日に、クスッと笑ってしまいます。

 

5歳の娘は、またまたお気に入りの一冊になったようです。

カラフルでパンチの効いた絵も楽しい、おすすめの絵本です。

>>こちらの絵本もおすすめです

 

 

 

 

 

世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します!

 

【 はっぴぃタイム 】右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム



シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。