食育にも!あんこが大好きな娘と読んだ絵本「あずきまる」




絵本の情報

あずきまる

【作・絵】早川 純子

【出版社】農山漁村文化協会

【ページ数】28

「あずきまる」のあらすじ

あずきまるたちは、ちさいころから さやのなか

じぶんたちの すがたを みたことが ありません。

 

「たべられるなら、ぼくたちに にている

そっくりさん が いいねえ」と

そのひを たのしみに そだちました。

 

その「あずきまる」達を一生懸命畑で育てているのは、もじゃもじゃのたぬき。

 

収穫のとき 外にはじめて出たあずきまるたちは、自分の姿をみてびっくりしました。

「ぼくたちって、なんてまるくて ピカピカで すてきなんだろう!」

 

ところが、ふと見上げると、あずきまるたちを大事に育ててくれた

モジャモジャたぬき

の すがたがありました。

 

「そっくりさん」に食べられたかったあずきまるたちは、

自分たちの「そっくりさん」を探す旅に出ることにしました。

だってずっと、自分たちに似ていて、丸くてピカピカした方に、食べられることを夢見ていたからです。

 

あずきまるたちは、引き留めるたぬきを見て、口を揃えて言いました。

「もじゃもじゃ~は いや~」

 

そして、モジャモジャたぬきは考えました。

「それならしかたない。もっとピカピカでおいしい すがたに なりたくないかね?」

「まずは、このなべに はいってみなさい。」

 

頭のいいたぬきの誘いに、あずきまるたちは喜んで飛び込みました。

 

さて、おいしそうなアンコにされた あずきまるたち。

けれど自分たちの姿をみて・・・・

「これはピカピカじゃなくて、テカテカだ!」

と怒ります。

 

そこに、たぬきのお友達のミヨちゃんがあらわれました。

まずは、怒ったあずきまるたちを なだめます。

 

「たぬきは ばけることが とくいなんだ。アズキもおなじ。

いろんな すがたになることが できるんだ。

どう?そっくりでしょ!」

 

ミヨちゃんの話を聞いて、あずきまるたちは喜びました。

そしてミヨちゃんの持ってきたもち米に包まれて、幸せに食べられました。




感想

表紙の絵のインパクトと、タイトルに惹かれて図書館で借りました。

あんこが大好きな5歳の娘と読みました。

 

あずきまる達が、まだ「さや」の中にいるところから始まるこの絵本を読みながら、そういえば、小豆って何なのか、あんこってどうやってできるのか、教えたことがなかったなと、思いました。

娘も、「こうやって、あんこになるんだね!」と、とても興味深かったようです。

 

登場する生き物たちの表情や、お話の内容がとても生き生きとしています。

たぬきの「あずき」にかける愛情、「あずきまる」達の食べられ方へのこだわりなど、設定が新鮮で面白いです。

そして所々、笑いを誘います。

 

大事に大事に育てられた「あずき」が、最後には、自分たちも納得するかたちで幸せに食べられていきます。

見所がたっぷりで、食育にもおすすめの絵本です。

そして最後には、愛情をかけて手作りした「おはぎ」が食べたくなってしまいます。

 

余談ですが、昨日、日本の行事絵本を読んでいた娘が「お願い!まだお正月じゃないけど、今日絶対におしるこ食べたい!」と言い出しました。

買い置きしてあったレトルトのあんこを使って、お餅を焼いて、おしるこを食べました。

 

今年のお正月は、娘と一緒に「小豆」からおしるこを作ろう!と決めました。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。