ユーモラスな展開とスリルあるドラマを美しい絵で語る絵本「ロージーのおさんぽ」




絵本の情報

ロージーのおさんぽ

【作】パット=ハッチンス

【訳】わたなべ しげお

【出版社】偕成社

【ページ数】30

「ロージーのおさんぽ」の内容(全文)

めんどりの ロージーが おさんぽに おでかけ。

 

おにわを すたこら

 

おいけの まわりを ぐるり

 

ほしぐさの やまを こえ

 

こなひきごやの まえを すたすた

 

へいの すきまを するり

 

はちの すばこの したを すいすい

 

やれやれ ばんごはんに まにあった。




感想

5歳の娘と読みました。

娘がもっと小さいときに出会いたかった!と思った絵本です。

 

めんどりのロージーが散歩にでかけると、きつねがロージーを狙ってあとを追ってきます。

何もしらないロージーは、悠々と散歩を楽しみます。

ところが、あとを追うきつねは、次々とひどい目にあっていきます。

 

そのひとつひとつがユーモラスで、また、その惨事を何も知らないめんどりが平和に散歩を終えるという設定が、最後に安心感を与えてくれます。

娘は「にわとりさん、にげてー!早くにげてー!」と言いながらめんどりを応援し、その度にきつねに襲い掛かるトラブルに大笑いしていました。

 

文だけを読むと、ものすごく文章量が少なく、あっさりと感じてしまいます。

しかしこの絵本は、絵が存分に語ってくれています。

独特な色彩と、何度も見たくなるような、細部まで丁寧に描かれた絵が好きです。

 

額に入れて飾っておきたくなるような、楽しくて美しい絵本でした。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!