バラバラになるまで怒ったっていい!母子の絆を描いた絵本「おこりんぼママ」




絵本の情報

おこりんぼママ

【作】ユッタ・バウアー

【訳】小森 香折

【出版社】小学館

【ページ数】36

「おこりんぼママ」のあらすじ

きょう、ママが、ものすごく どなった。

 

あんまり すごく どなるもんだから、

ぼくは、バラバラになって とんで いっちゃった。

 

ピューン。

あたまは、うちゅうに とびだした。

 

おなかは、うみを どんぶらこ。

 

つばさは、ジャングルで まいご。

 

くちばしは、やまの てっぺんに ストン。

 

おしりは、しらない まちの なか。

 

ぼくは、あしだけに なっちゃった。

あしは、ばらばらになった からだを さがしにでかけた。

 

だけど、

めが ないし

くちばしも ない

つばさは ジャングルのおく

 

ぼくは くたくたになった。

もう、いっぽも あるけない。

 

そのとき、ママが大きな船にのって、あらわれた。

ママは、ぼくの かけらを ひろいあつめた。

そして、しっかり ぬいあわせて くれたんだ。

 

ぼくは、すっかり もとどおり。

 

「ごめんね」って ママが いった。

そして、ぼくを だきしめた。

 

やっぱり、ママが いちばんさ。




感想

まさに今日の我が家です。

私は、娘が約束を守らないとき、ドーンと爆弾を落とします。

そこまで大きいものは稀なのですが、本日、娘がバラバラになりました。

 

そして、この絵本のことを思い出しました。

このペンギンのママと同じように、私も娘のかけらを拾い集めました。

上手に縫い合わせられたかどうかは、わかりませんが。

 

娘は「何で怒られたのか分かるから、今から気を付けるね。ママが一番大好きだから落ち着いて。お互い頑張ろう。」と、私を落ち着かせたあと、きちんと約束を果たしていました。

我が家がこの絵本と少し違うのは、ママもバラバラになって、子供がママのかけらを拾い集め、縫い合わせてくれたところです。

 

怒ってばかりのママへ。

怒られてばかりの子へ。

沢山の愛を感じられる絵本です。

 

久しぶりに厳しく叱りましたが、たまには怒るのもいいなぁと思ってしまいました。

ふとこの絵本を思い出し、怒っても怒られても、特に母子は、強く結ばれていることをあらためて感じました。

 

たまには、ドカーンと怒ったっていい。

この絵本が、ユーモアたっぷりにママにエールを送ってくれます。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。