はじめてのおつかいに挑戦するときに読んであげたい絵本「ぶたぶたくんの おかいもの」




絵本の情報

ぶたぶたくんの おかいもの

【文・絵】土方 久功(ひじかた ひさかつ)

【出版社】福音館書店

【ページ数】28

あらすじと感想

こぶたの「ぶたぶたくん」が、はじめてのおつかいに挑戦するお話です。

 

こぶたの「ぶたぶたくん」は、ある日、お母さんに、はじめて一人でお買い物を頼まれます。

ぱんやさん、やおやさん、最後に、お菓子屋さんで好きなものを買ってくるように言われました。

 

ぱんやのおじさんは、にこにこおじさん。

やおやのおねえさんは、はやくち おねえさん。

おかしやのおばあさんは、ゆっくりおばあさん。

 

登場人物がユーモア溢れる設定になっており、読んでいるこちらも楽しくなります。

 

途中、からすのかあこちゃんと、おおきなこぐまくんに出会い、一緒にお買い物をします。

 

最後のページには、お買い物の道筋を辿った「ぶたぶたくんの あるいたみち」の地図が描かれています。

「ここで、かあこちゃんに会ったね、ここでこぐまくんに会ったね、と最後に会話しながら、ページを遡って確認したり、とてもほのぼのとした気分にさせてくれる絵本です。

 

挿絵もとても可愛らしく、思わず笑みがこぼれます。

はじめてのおつかいに挑戦するときには、また読んであげようと思っています

 

お誕生日などのプレゼントにもおすすめです。

>>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。