思いやりの心を育てる!心温まる可愛い絵本「ねぼすけスーザのおかいもの」




絵本の情報

ねぼすけスーザのおかいもの

【作】広野 多珂子

【出版社】福音館書店

【ページ数】32

「ねぼすけスーザのおかいもの」のあらすじ

スーザとマリアおばさんは、オリーブ畑に囲まれた小さな村に住んでいます。

 

ネボスケスーザは、ある朝めずらしく早起きして、働いて貰ったお金を手に、市場へ出かけます。

そこで探すのは、「すてきなもの」。

 

「これはがまん」

「あれはがまん」

「もっとすてきなものを買うんだもの」

本当は、あれもこれも欲しいのだけれど、スーザは我慢します。

 

そして、ついに見つけたのは、家具屋さんに飾ってあった、素敵な赤い椅子。

けれど、スーザの持っていたお金では、買うことができませんでした。

 

赤い椅子どころか、家具屋さんに置いてあるもの全て、そんな少しのお金では買えませんでした。

 

スーザは、道端に捨ててあった、壊れた椅子を拾います。

そして、スーザのお金で、赤いペンキと赤い布を買って帰りました。

 

家に戻り、「カンカン トントン」

スーザは、家具屋さんに置いてあった「素敵な赤い椅子」を、手作りしました。

 

それは、自分のためではなく、アリアおばさんのため。

 

今日は、マリアおばさんの誕生日だったのです。

感想

絵もとても綺麗で、細かいところまで描き込まれています。

 

自分のためではなく、マリアおばさんのためを思ったスーザの行動に、健気さに心温まります。

「この絵本に出会えて良かった」と思わせてくれる1冊です。

 

図書館で借りたのですが、娘が気に入りその後購入した絵本です。

関連記事☟

4歳の娘が選んだおすすめの厳選絵本【1月】

2017.01.30

シリーズ化されています。お誕生日のプレゼントにもおすすめです。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。