お腹を抱えて笑ってしまう面白い絵本「おならうた」




絵本の情報

【著者】谷川 俊太郎

【絵】飯野 和好

【出版社】絵本館

「おならうた」の内容

いもくって ぶ

 

くりくって ぼ

 

あるいて び

 

すかして へ

 

ころんで ぴゅ

 

おふろで ぽ

 

こっそり す

 

あらゆる場面での「おなら」を表現しています。

そして様々な状況下での「おなら」で笑わせてくれます。

感想

谷川俊太郎さんが好きで、私の趣味で購入した絵本です。

 

しかし絵本の内容に、娘と共にお腹を抱えて笑ってしまいました。

飯野さんの描く、パンチの効いた画風が、絶妙にマッチしていて、何度読んでも笑いを誘います。

 

それぞれの「おなら」で声色を変えたり、あるときは単調に、またあるときはリズムに乗せて、など、ほんとにいつ読んでも、一緒に大笑いしてくれました。

4歳の娘も見事にハマってくれました。

 

「おなら」で一緒に笑ってくれるのも、幼児期の短い間だと思いますので、この時期、存分に楽しみたいと思います。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。