優しい心を育てる!心温まる可愛い絵本「ねぼすけスーザのオリーブつみ」




絵本の情報

ねぼすけスーザのオリーブつみ

【作】広野 多珂子

【出版社】福音館書店

「ねぼすけスーザのオリーブつみ」のあらすじ

可愛らしく、優しさと思いやりの心を持つ女の子「スーザ」のお話です。

 

「スーザ」と「マリアおばさん」は、オリーブ畑に囲まれた小さな村に住んでいます。

ある日、スーザは同じ村の「キンテロおじさん」のオリーブ畑に出かけます。

 

オリーブつみのお手伝いをするためです。

 

なかなかうまくいかないオリーブつみに、スーザは苦戦します。

でも、なんとか、試行錯誤しながら、上手にオリーブつみを終えることができました。

 

その後、今年初めてのオリーブを、絞ります。

この晩は、絞たてのオリーブオイルを使った料理をふるまい、みんなでパーティをしました・・・




感想

この「ねぼすけスーザ」のお話は、シリーズ化されており、娘が大好きな絵本です。

絵がとても綺麗で、細かい所まで緻密に描かれており、読み聞かせながらいつもワクワクしてしまいます。

 

オリーブって何?

こうやって絞るんだ!

食育にもおすすめの可愛い絵本です。

 

他のシリーズもおすすめです!

※このシリーズは現在「ねぼすけスーザのおかいもの」しか販売されていないようです。中古か、図書館でお探しください⇒中古の絵本を購入する際のコツ

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。