入園前の心の準備に読み聞かせてあげたいおすすめの絵本特集【8選】




入園の準備は順調に進んでいますか?

入園グッズの手作り、名前書き、名札つけ。

お母さんは入園の準備に大忙しだと思います。

 

子供にとっては、はじめてお母さんと離れて経験する、集団生活。

 

期待に胸を膨らませ、今からワクワクしている子。

反対に、不安になっている子。

状況を全然理解できていない子。

 

タイプによって、色々と分かれると思います。

私の娘は、どちらかというと「期待に胸をふくらませている」タイプでした。

 

ですが、幼稚園に通い始めてから数日が経ったある日から、娘は幼稚園に行き渋るようになりました。

毎朝のように泣きわめき、しばらくの間は親子共々、大変な時期を過ごしました。

 

入園前、私は、娘の「心の準備」を全くしてあげられないまま、はじめての社会生活をスタートさせてしまいました。

後々になり一番重要なことが抜けていたな」と、深く反省しました。

そんな反省を踏まえて、今回は入園前に読み聞かせてあげたい絵本、8選をご紹介します。

メルくん、ようちえんにいく

おおとも やすお 著/福音館書店32ページ

あなぐまの「メルくん」が幼稚園に行くことになったお話です。

まだまだ「お母さんと一緒」がいい、この時期。

幼稚園に行くにも、何か安心材料が欲しかったメルくん。

お気に入りの「ぬいぐるみ」を持っていこうとします。

お母さんはメルくんに「ぬいぐるみ」を持たせ、先生は優しく「ぬいぐるみ」を受け入れます。

規則よりも、息子の不安を少しでも取り除いてあげようと、お気に入りのぬいぐるみを持たせてあげるお母さんと、幼稚園の優しい先生の対応に心が和みました。

幼稚園での生活が描かれているこの本は、入園前の心の準備に最適です。

詳しい絵本紹介を見る⇒「メルくんようちえんにいく」

せんせい

大場 牧夫 著/長 新太 絵/福音館書店/28ページ

園の先生が主人公のお話しです。

先生って、いったいどんな人?

どんな仕事をしているの?

子供から見る先生の姿が描かれています。

この絵本は、これから保育園、幼稚園に行くお子様に読み聞かせるのに最適な一冊です。

先生のことが、よくわかります。

詳しい絵本紹介を見る⇒「せんせい」

わたし

谷川 俊太郎 著/長 新太 絵/福音館書店/28ページ

子供が幼稚園に入園し、「自分」と「他者」を意識し始めたと感じた時に、読んだ本です。

わたしは、山口みちこ、5さい。

子供にも理解できるよう、優しく、様々な視点から、「自分とは何か」を問いかけ、「わたし」を学ばせてくれます。

これから始めての集団生活を迎えるお子様に、おすすめの本です。

詳しい絵本紹介を見る⇒「わたし」

あなた

谷川 俊太郎 著/長 新太 絵/福音館書店/32ページ

ひとりの「わたし」が、たくさんの「あなた」に出会いながら、身近な「あなた」、最終的には「あなた」の集合体、社会そのものに至るまで誘導し、「わたし」と「あなた」を教えてくれる絵本です。

幼稚園入園前は、まだ自他の境界線があいまいだったのだな、と、我が子の入園後に感じました。

これから、保育園、幼稚園、または習い事などではじめての社会生活を迎えるお子さんに、心の準備として読んであげるのにおすすめの本です。

詳しい絵本紹介を見る⇒「あなた」

かあさんわたしのことすき?

バーバラ・M・ジョシー 著/バーバラ・ラバレー 絵/偕成社/24ページ

イヌイットの少女と、お母さんのお話しです。

「かあさん、わたしのこと好き?」

「どれくらい、好き?」

女の子は、色々な状況下におかれても「自分のことが好き?」かを、お母さんに問いかけます。

お母さんは、娘からのひとつひとつの質問に、丁寧に答えます。

親子の絆を描いた、心温まる絵本です。

子供が新しい世界で、親の愛を感じ自信を持ってのびのびと生活ができるように・・・

絵本を通してでもいいので、是非、お母さんからの「愛」を伝えてあげてください。

詳しい絵本紹介を見る⇒「かあさんわたしのことすき?」

だいじょうぶ だいじょうぶ

いとう ひろし 著/講談社/31ページ

「ぼく」と「おじいちゃん」の物語です。

魔法にでもかかったみたいに、どんどん広がっていく、ぼくの世界。

ぼくは「新しい発見や、出会い」の分だけ「困ったことや、怖いことにも出会うように」なります。

おじいちゃんの「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、魔法の言葉。

ぼくは、不安から解き放たれ、自分で歩けるようになっていきます・・・

娘が幼稚園に行くのを嫌がった時期、読み聞かせました。

この絵本は、私の伝えたかったことを、より効果的に娘に伝えてくれました。

お子様が不安に感じているようでしたら、読み聞かせてあげるのにおすすめの絵本です。

詳しい絵本紹介を見る⇒だいじょうぶだいじょうぶ」

いちばんたいせつなこと

ドロシー・ロー・ノルト 著/藤井 恵子 絵/ニーナ・M・坂崎 訳/PHP研究所

「子どもが育つ魔法の言葉」の著者、ドロシー博士が子どもたちに贈る16のメッセージです。

「かならず順番は守りましょう」

「自分がやるべきことはきちんとやりましょう」

「だれかの役に立ってあげましょう」

「ルールは守りましょう」・・・

当たり前だけど「いちばんたいせつなこと」を、かわいい動物たちのイラストで紹介しています。

普段から「しつけ」として教えてあげたいことが、この絵本にまとめられています。

あらためて、読んでみてあげてください。

詳しい絵本紹介を見る⇒「いちばんたいせつなこと」

うさぎさんコース

七田・教育研究所

「絵本」でしつけをすることができる、絵本シリーズです。

人としての正しい行い。

他人を思いやる優しい心。

絵本を通して、自然に学ぶことができるこの絵本シリーズは、6冊セットになっています。

それぞれ違う作家さんが描いているので、一冊一冊違った味わいを楽しむことができます。

お母さんが何度も何度も言い聞かせるより、絵本で読んで聞かせてあげたほうが、心にスッと入ることもあるのだなと、感じさせてくれる本です。

詳しい絵本紹介を見る⇒「うさぎさんコース」

まとめ

いかがでしたか?

はじめての保育園、幼稚園・・・

お母さんにとっては、子供が元気に通ってくれるのが一番です。

 

しかし、最初は順調でも、ちょっとしたことでつまずいたり・・・

やっぱり、ママと一緒がいいと、気づく瞬間があったり・・・

長期の休み明け、楽しく通園できなくなってしまったり・・・

 

そんなとき、我が家は、娘が「どうしてこんな気持ちになるの?」と色々と質問してきました。

時間をかけて、とことん話し合い、ありとあらゆる言葉で励ましました。

 

逆に、お子様のタイプによっては、家では、園のことをあまり口にしないであげたい場合も、あるかもしれません。

どちらにしても、そんなとき、これらの絵本は、効果的に働いてくれると思います。

 

もちろん「うちは、何の問題もないよ」というお子様にも、どれもおすすめの絵本です。

入園を控えたお子様への心の準備として。

また、しつけができる本をお探しでしたら、参考になさってください。

こちらもおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!