第22回(2017年)日本絵本賞の絵本特集

先日発表になりました、第22回日本絵本賞の作品を、5歳の娘と読んでみました。

どれも良い作品ばかりでしたので、まとめてご紹介したいと思います。

日本絵本賞とは?

(公社)全国学校図書館協議会と、毎日新聞社によって、1995年度より「絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する」ことを目的に創設されました。

賞には「日本絵本大賞」「日本絵本賞」「日本絵本賞翻訳絵本賞」のほか、読者の投票で選ばれる「日本絵本賞読者賞」があります。

第22回日本絵本賞の大賞絵本は、2015年10月から、2016年9月までに、日本において出版された絵本とします。

第22回日本絵本賞‟大賞”作品

きょうはそらにまるいつき

【作・絵】荒井 良二

【出版社】偕成社

【ページ数】32

みんなが そらを 見ています。

きょうは そらに まるいつき。

 

同じお月さまを見て、どこかで、同じように嬉しい気持ちになっている人がいるかも、しれません。

それは、日々の暮らしの中で、誰もが受け取ることのできる、ご褒美。

とても大切なことを教えてくれた絵本です。

 

荒井良二さんの作品は、私が好きで、今までに何冊も娘と読んでいます。

どれも、ゆっくりと、そして何度も読みたくなる絵本です。

詳しい絵本紹介の記事を見る⇒「きょうはそらにまるいつき」

イモリくんヤモリくん

イモリくんヤモリくん

【作・絵】松岡 たつひで

【出版社】岩崎書店

【ページ数】32

主人公は、ヤモリくんと、イモリさん、そして、途中で出会った、ツチガエルくん。

この絵本には、他にも、本当に様々な水の生き物が登場します。

池で暮らすのは、過酷な生存競争もあって、大変です。

そんな池の中の様子を、図鑑さながらの丁寧な描写と、面白いストーリーで、

楽しく学べる絵本です。

詳しい絵本紹介の記事を見る⇒「イモリくんヤモリくん」

 

くじらさんのーたーめならえんやこーら

 

 

 

世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します!

 

【 はっぴぃタイム 】右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム