血の働きをわかりやすく教えてくれる絵本「ちのはなし」




絵本の情報

ちのはなし

【著・絵】堀内 誠一

【出版社】福音館書店

【ページ数】23

あらすじと感想

「血」について解説した科学絵本です。

 

どうしてちがでるの?

という、子供の疑問を解決してあげたくて、図書館で借りました。

 

懐中電灯でほっぺたを照らすと、赤く見えるのはなぜだろうか・・・

まず、そんな実験から、娘は本の内容に引き込まれていきました。

 

そこからは、赤血球、白血球、血小板の役割、心臓の働きなど、本格的な内容です。

 

血液や心臓の働きはすごいなぁと、あらためて感じた絵本です。

やさしい実験をおりまぜながら、血の働きをわかりやすく描き、血と生命の大切さを伝えます。

 

身体の仕組みや働きに興味を示すようになる時期、読み聞かせてあげるのにおすすめの一冊です。

 

幼稚園年中の娘には、難しかったようです。

もう少し成長したら、また同じ本を借りようと思っています。

 

少し内容が重なっている、やぎゅう けんいちろうさんの「かさぶたくん」のほうが、幼児向けかもしれません。

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。