優しい心を育てる!心温まる可愛い絵本「ねぼすけスーザのセーター」




絵本の情報

ねぼすけスーザのセーター

【著】広野 多珂子

【出版社】福音館書店

「ねぼすけスーザのセーター」のあらすじ

優しい心と、思いやりの心を持った健気な女の子「スーザ」のお話です。

 

「スーザ」と「マリアおばさん」は、オリーブ畑に囲まれた小さな村に住んでいます。

今日もスーザは寝坊をして、目を覚ましたのは、お昼過ぎでした。

 

いつもは「マリアおばさん」の、フライパンを10回たたく音で目覚めるのですが、今日はその音が聞こえません。

 

スーザが、いつの間にかすっかり小さくなったセーターに着替えて外へ出ると、買い物に町まで出かけるために通りかかった「ルイサおばさん」から、マリアおばさんは隣の村に出かけていることを知ります。

 

ルイサおばさんは、足が悪く、スーザは代わりにおつかいに行くことにしました。

その途中で出会ったご近所さん達からも、ついでに買い物を頼まれます。

 

スーザが町に行くと、ショーウィンドウに素敵なトマト柄のセーターが飾ってあるのを見つけます。

スーザはとても気に入りました。

 

しかし買い物を済ませて、また同じお店に行くと、さっき飾ってあったセーターは、もう売り切れてしまったことを知ります。

外が暗くなるまで、スーザは町のあらゆるお店に行き、同じトマト柄のセーターを探すのですが、結局見つかりませんでした。

 

帰り道、「マリアおばさん」が、途中までスーザを迎えに来ていました。

 

手編みの「トマト柄のセーター」と共に・・・

感想

この、「スーザ」の絵本は、シリーズ化されています。

どれも絵が綺麗で、心が温まる、素敵なお話です。

 

広野多珂子さんの描く絵本は、絵が緻密で、可愛くて、どれも娘のお気に入りの絵本です。

 

このセーターのお話は、「トマト柄」という設定がレトロで可愛いです。

トマトが大好きな娘も、喜んでいました。

 

売り切れてしまったセーター、最後にマリアおばさんの手編みのセーターが「トマト柄」だったというところも、ほっこりと心温まります。

特に女の子への、お誕生日などのプレゼントにもおすすめです。

※こちらの絵本は、現在販売されていないようです。図書館か、中古でお探しください。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。