子供が落ち込んだ時に勇気をもらえる絵本「スイミー」




絵本の情報

スイミー

【著】レオ・レオニ

【訳】谷川 俊太郎

【出版社】好学者

【ページ数】32

あらすじと感想

「教科書」に載っていた、スイミー。

 

何十年も経った今でも、良く覚えています。

自分に子供が出きたら、絶対に読んで聞かせてあげたい、という、ささやかな夢が叶いました。

 

私達は深く落ち込む時、そこで何か大切なものを得る、そう信じて勇気を出せば、きっと最後にはいいことが待ち構えている。

広い世界を知り、知恵と勇気を得て、多くの新しい仲間とともに巨大な魚に立ち向かったスイミーのように。

 

自分が教科書で出会った時にように、子供も何か感じてくれていたら嬉しいです。

これからも、きっと何度も目を通すと思います。

 

これから先、我が子が落ち込んだ時、自信をなくしてしまった時などに、本棚から取り出して読んであげたいと思っています。

 

普段から自信のない子。

やる気をおこさせたいとき。

そっと読み聞かせてあげてもいいと思います。

 

お誕生日のプレゼントとしてもおすすめです。

>>こちらの絵本も人気です

<関連商品>







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。