自分とは何だろう?考えるきっかけをくれる絵本「ぼくのニセモノをつくるには」

ヨシタケ シンスケ 著/ブロンズ新社/32ページ

 

やりたくないことだらけで、ゲンナリしていた「ぼく」は、ある日、いいことを思い付いた。

「ぼくのニセモノをつくって、そいつにぜんぶやってもらおう。」

 

ぼくは、おこずかいを全部使って、ロボットを1体買います。

 

そして、ロボットに「ニセモノ作戦」について説明します。

 

「じゃあ、あなたのこと、詳しく教えてください。」

そうロボットに言われた「ぼく」は、「自分について」考えます。

 

名前と家族がある。

外から見ると、こんな感じ。

好きなものと、嫌いなものが、ある。

できること、できないことが、ある。

お父さんと、お母さんの子供・・・・

 

「ぼく」って、何だろう。

考えれば考えるほど、色々出てくる。

自分のことを考えるのって、めんどくさいけど、なんかちょっと、楽しい気もする・・・

 

ヨシタケシンスケさんの2作目の著書です。

「アイデンティティ」がお題なんだけど、子供って、アイデンティティなんて、どうでもいい。

じゃあ、子供が自分のことを考えざるを得ない状況ってなんだろう?___2017年月刊「MOE」ヨシタケシンスケ特集より

というところから、逆算で設定を考えたのだそうです。

 

自分の事って、分かっているようで、案外、分かっていなかったり、しますよね。

私自身も、自分の事については未だに不可解な部分が多いです。

「自分の解説書」みたいなものがあれば、便利だなと、いつも思います。

 

4歳の娘には少し難しいかな?という内容でしたが、ヨシタケシンスケさんの絵本は、今のところ、すべて欲しがっています。

子供の心をつかむテクニックには、いつも感心してしまいます。

ロボットを、お小遣いで買うような時代が、すぐそこまで来ているような、気もしてしまいます。

その時のためにも、「自分とは、何だろう?」この絵本を機会に、子供だけでなく、大人も、一緒になって考えてみるのも悪くないと思います。

>>こちらの絵本も人気です

 

 

 

1回分無料のキャンペーン実施中!【 はっぴぃタイム 】の詳細はこちら



シェア大歓迎です!