自己と自分の生きる世界を肯定する絵本「なんていいんだぼくのせかい」




絵本の情報

なんていいんだぼくのせかい

【文・絵】荒井 良二

【出版社】集英社

【ページ数】32

あらすじ

小さな家に、子供が生まれました。

 

それから、子供が、声を出しました。

 

それから、子供が、歩きました。

 

小さな「ぼく」は、思います。

 

「なんて いいんだ ぼくのせかい」

 

それから、子供が笑いました。

 

小さな「ぼく」は、思います。

 

「なんて いいんだ ぼくのせかい」

 

やがて子供は、成長し、大きな世界を知ります。

そして、結婚し、自分に子供が生まれます・・・

 

小さな家に、子供が生まれた。

それからそれから・・・




感想

繰り返し繰り返し「なんていいんだ ぼくのせかい」と読んでいると、自然と心があたたかくなりました。

 

自分と、自分の生きる世界を肯定できることは、素晴らしいです。

大人になると、否定や不満を覚えますが、まずは、私達大人が「なんていいんだ ぼくのせかい」という生き方を子供に示してあげなくてはいけないのだと感じます。

 

日々の生活の中でも、大人になっても、「なんていいんだ ぼくのせかい」と感じられる心を、持ち続けてほしいです。

子供のため、というより、私が、読み聞かせながら様々なことを感じる絵本でした。

こちらも見る⇒「荒井良二その他の絵本」

>>こちらの絵本も人気です







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。