神秘的なアメリカインディアン民話「アザラシとくらした少年」




絵本の情報

アザラシとくらした少年

【作】レイフ・マーティン

【絵】デイヴィット・シャノン

【訳】常盤 新平

【出版社】岩崎書店

【ページ数】28

あらすじ

アザラシと暮らすようになった、一人の少年の物語です。

 

インディアンの一族は、土地を転々と移動しながら生活しています。

 

春、「大きな川」のほとりで、一族はキャンプをしていました。

 

その途中で、ある家族の息子(少年)が、行方不明になりました。

 

一族みんなで懸命に探しましたが、少年は見つかりませんでした。

きっと獣にさらわれたのだろうと、みなは悲しみに沈みました。

 

一族は、それでもキャンプをしながら旅をつづけました。

 

ある年の春、キャンプをしていると、他の部族に出会いました。

 

そして、その部族のおばあさんから、不思議な話を聞きます。

 

ある小さな島に、アザラシが住み、なんと、アザラシと一緒に一人男の子が生活しているというのです。

 

一族は「少年」を見つけました。

そして、キャンプに連れて帰りました。

 

しばらく、アザラシのような行動、食事をしていた少年でしたが、次第に、人間らしさを取り戻していきました。

 

少年は「カヌー」や「かい」を作る能力に長けていました。

とても美しいものを生み出しました。

 

時々、アザラシの生活を思い出し、海に消えることもありました。

 

大きな川や海を渡るとき、アザラシたちが、少年を呼びました。

少年もまた、それに応え、水に飛び込みました。

その度に、両親は、必死に止めようとしました。

 

しかしある日、少年は、とうとうアザラシ達の元へ、帰ってしまいました・・・

 

あくる年から、一族が春を過ごすキャンプへと戻る度、そこには少年の作ったカヌーが置いてあるのです。

 

それは、年ごとに、年々美しい出来栄えになっていくのでした・・・

感想

この物語は、チヌーク族というインディアンに伝わる、古いお話だそうです。

 

海を忘れられない少年と、それを引き留めたい両親の思いが交錯し、胸が熱くなります。

 

神秘的な物語の内容に、臨場感ある挿絵が加わり、その世界に引き込まれていきます。

 

4歳の娘は、少し怖がっていましたが、私は出会えてよかった、と心から思えた一冊です。

>>こちらの絵本も人気です

 

※新書は販売されていないようです。中古か図書館でお探しください

Amazonで中古の絵本、購入しても大丈夫?本の状態は?

2017.03.02







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。