世の中のルールを教えたいときに読んであげたい絵本「いちばんたいせつなこと」




絵本の情報

いちばんたいせつなこと

【著】ドロシー・ロー・ノルト

【絵】藤井 恵子

【訳】ニーナ・M・坂崎

【出版社】PHP研究所

絵本の内容と感想

「子どもが育つ魔法の言葉」の著者、ドロシー博士が子どもたちに贈る16のメッセージです。

 

  • 「かならず順番は守りましょう」
  • 「自分がやるべきことはきちんとやりましょう」
  • 「だれかの役に立ってあげましょう」
  • 「ルールは守りましょう」
  • 「家族を大切にする気持ちを伝えましょう」
  • 「失敗してもそこから何かを学びましょう」
  • 「まちがいや失敗をゆるしてあげましょう」
  • 「すてきな自分になるためのことは何でもやりましょう」

など、当たり前だけど「いちばんたいせつなこと」を、かわいい動物たちのイラストで紹介しています。

皇太子殿下が「子は親の鏡」の詩を朗読され、日本中に大反響をまきおこしたドロシー・ロー・ノルト博士。2005年5月にドロシー博士が来日した際、小学校の子どもたちへ贈った「詩」が絵本になりました。

義母にいただいた本です。

 

何度も繰り返し読むことで、子供の心が育っています。

英文も載っています。

 

お誕生日のプレゼントとしてもおすすめです。

>>こちらの絵本も人気です

 

<関連図書>







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!

ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。