寝かしつけに最適!絵が綺麗な絵本「おひめさまはねむりたくないけれど」




絵本の情報

おひめさまはねむりたくないけれど

【作】メアリー・ルージュ

【絵】パメラ・ザガレンスキ-

【訳】浜崎 絵梨

【講談社】そうえん社

【ページ数】33

あらすじ

なかなか寝付かない、お姫様のお話です。

 

「わたし まだ あそんでいたいもん」

「わたし まだ ねむくないもん」

 

お姫様は、日が落ちても、眠りたくありません。

 

「それでも、パジャマには着替えておきましょうね。」

「それでも、寝る準備はしておきましょうね。」

 

王様とお妃さまに言われるまま、お姫様は、だんだんと眠る準備をしていきます。

 

「ねえ、おとうさま、おかあさま、世界中の、みんなが、寝るの?」

お姫様は質問します。

 

ネコも。

こうもりも。

くじらも。

かたつむりも。

くまも。

 

「一日が終わると、世界中の命が眠りにつくのよ。」

 

それぞれの動物が、どんな風に眠りにつくのか、ひとつひとつ説明してもらった、お姫様。

 

本当は、まだ、眠りたくはないけれど。

説明してもらったように、ベッドの中でひとつひとつの動物の眠りを想像するうちに、ぐっすりぐっすり、眠りにおちてゆきます・・・




感想

幻想的な絵と、両親の包み込むような優しい愛の物語は、小さな子供を、ゆっくりとゆっくりと、眠りに誘います。

 

わがままなお姫様の設定なのかな?と思いながら読み進めていくと、案外そうでもなく、お姫様の「まだねむりたくない」という気持ちを汲み取り、真摯に対応してくれる両親の言うことを、素直に聞いていきます。

 

我が子は、寝かしつけにとても苦労したのですが⇒「我が家の読み聞かせ」もっと早く、こんな素敵な絵本に出会いたかったなぁと、読み聞かせながら思いました。

 

お母さんの子守唄を聴いているような、安心と安らぎを感じられる、寝かしつけに読むには最適な絵本です。

 

>>こちらの絵本も人気です

>>おすすめの記事







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。