寝かしつけにもおすすめの詩的な絵本「しずかでにぎやかなほん」




絵本の情報

しずかでにぎやかなほん

【作】マーガレット・ワイズ・ブラウン

【絵】レナード・ワイスガード

【翻訳】谷川 俊太郎

【出版社】童話館出版

「しずかでにぎやかなほん」のあらすじ

マッフィンは ちっちゃなこいぬ、みみがいい、

マッフィンは ねむってた、よるじゅう。

マッフィンは めがさめた、なにかのおとで

とても しずかな おと。

なんだろう?

 

ありが はってる?

はちが びっくりしてる?

バターがとけてゆくのかな?

めうしが ペティコートを きてるのかな?

 

とっても しずかな おと。

しずけさ そのもの みたいな。

しずかな しずかな おと。

 

ぶどうの ゼリーを たべてるような。

ゆきが ふってくるような。

くうきの ような。

 

なんだと おもう?

 

マフィンには、わかりました。

聞こえてきた音は、何だったのでしょう・・・




感想

それは、とっても静かで、にぎやかな、音。

谷川俊太郎さんの翻訳だからか、とても詩的な絵本です。

表現も、ひとつひとつが、私は好きです。

 

少しお話しが長いので、全ての赤ちゃん向きではないかもしれませんが、娘にもう少し早くから、繰り返し読み聞かせてあげたかったなぁと思わせてくれる一冊でした。

寝かしつけにもおすすめの絵本です。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!