節分の時期にもおすすめの絵本「泣いた赤おに」




絵本の情報

泣いた赤鬼

【著】浜田 広介

【絵】梶山 俊夫

【出版社】偕成社

【ページ数】47

感想

優しい心をもつ「おに」の話です。

 

外見で判断してはいけない、ということ、友情の大切さを、教えてくれます。

 

「泣いた赤おに」の絵本は、色々ありますが、この絵本は浜田広介の原作をそのまま載せているのが特徴です。

 

原作は、絵本としては少し長めで、夜寝る前に読み聞かせるときは、時間がかかります。

ですが、そのぶん物語の情景や赤おにの心の動き・悲しみがしみじみと伝わってきます。

 

この絵本で、もうひとつ特徴的なのが梶山俊夫の力強く独創的な挿し絵です。

物語をより趣深いものにしています。

子供の心にも訴えるものがあるようです。

 

最後に、赤おにがしくしくと涙を流して泣く場面があるのですが、「おに」にも人間と同じ感情があるのだなと、自分なりに、理解しようとする娘の気持ちが伝わってきます。

 

実は、寝かしつけに苦労していた時期に、「鬼から電話」というスマホアプリを使い、「寝ないと鬼から電話が来る」という恐怖を植え付けてしまったことがあり、今考えるとひどいことをしたなぁと、反省しています。

 

その後こちらの絵本を夜の寝かしつけに読み、私も、子供も、この絵本が大好きになりました。

鬼は苦手な娘ですが、何度も何度も読んでいます。

 

「泣いた赤おに」をお探しでしたら、是非こちらの絵本をおすすめします。

お誕生日のプレゼントや入園祝いにもおすすめです。

>>こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。