母と子の愛と絆を描いた可愛いうさぎの物語「ぼくにげちゃうよ」




絵本の情報

ぼくにげちゃうよ

【著者】マーガレット・ワイズ・ブラウン

【絵】クレメント・ハード

【翻訳】いわた みみ

【出版社】ほるぷ出版

【ページ数】36

あらすじ

うさぎの母子の物語です。

 

ある日、子うさぎは家を出て、どこかに行ってしまいたくなりました。

「ぼく、にげちゃうよ。」

 

母さんうさぎは、追いかけます。

「お前が逃げたら、かあさんは追いかけますよ。だって、おまえはとっても可愛い、私のぼうやだもの。」

 

すると子うさぎは、言います。

「かあさんが おいかけてきたら、ぼくは、おがわの さかなになって、およいでいっちゃうよ。」

 

子うさぎは、そこから、次々と想像の世界を逃げ回ります。

 

そして母うさぎは、その度に、納得のいく理由で追いかけます。

 

でもやっぱり、最後には、母の元が一番いいのだと、子うさぎは分かりました・・・




感想

とても微笑ましい、うさぎの親子の会話です。

我が子も、自我が芽生え、ちょうど今、こんな感じです。

 

「一人で、お友達迎えに行ってくる!」

「一人で、お留守番してみる!」

 

でも、やっぱりさみしくて、あと少し勇気が足りなくて、結局ママの元、ママと一緒が安心するのです。

 

この絵本に出てくる子うさぎは「ぼく、にげちゃうよ」と言いながら、やっぱり、どこまでも母さんうさぎに追いかけてほしいのです。

幼児期の子供の心をうまくとらえている絵本だなと、思います。

似たような内容の絵本はいくつかありますが、これもまた、お母さんの包み込むような優しい愛に、子供が安心感を覚える、いい絵本なのではないかと思います。

>>こちらの絵本もおすすめです








シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


世界でたったひとつの「オリジナル絵本」を贈ろう!

お誕生日や、出産祝い、結婚祝い、大事な人へのプレゼント選びに頭を悩ませたことはありませんか? 「何かサプライズしたいな~」というときにも最適!大切な人を主人公にできる、世界でたったひとつの「オリジナル絵本」が簡単に作れちゃいます!