‟3びきのこぶた”の素敵なパロディー「3びきのかわいいオオカミ」




絵本の情報

3びきのかわいいオオカミ

【著者】ユージーン・トリビザス

【絵】ヘレン・オクセンバリー

【翻訳】こだま ともこ

【ページ数】36

「3びきのかわいいオオカミ」のあらすじ

あるところに、3びきのかわいいオオカミが、お母さんと一緒に暮らしていました。

 

一番上のお兄さんは、真っ黒。

二番目は、灰色。

末の弟は、真っ白でした。

 

ある日、お母さんは、3匹を呼んで言いました。

「そろそろ、広い世界に出ておいき。うちを出て、自分たちのお家を作りなさいな。でも、おおブタには気を付けるのよ。」

 

3匹のオオカミは、広い世界に出ていきました。

 

まず、最初にれんがの うちを建てました。

 

しかし、すぐ次の日、悪いおおブタが来て、れんがの うちをハンマーで壊してしまいました。

3匹のオオカミは、怖くて震えあがってしまいました。

 

「もっと丈夫な うちを建てなくちゃ。」

次に建てたのは、コンクリートの うちでした。

 

ところが、うちが出来上がるやいなや、悪いおおブタが来て、でんきドリルでめちゃくちゃに壊してしまいました。

3匹のオオカミは、怖くて怖くて、ぶるぶる震えてしまいました。

 

「もっともっと、丈夫な うちを建てなくちゃね。」

次は、鉄条網や、鉄骨や、鉄板や、重い鉄の南京錠を使って、丈夫なうちを建てました。

 

あくる日、いつものように悪いおおブタがやってきて、どこからかもってきたダイナマイトで、うちをふっ飛ばしてしまいました。

 

「きっと、僕たち、今まで間違った材料で うちを作ってたんだ。」

3匹のオオカミは、一体何を使ったらいいのか、考えました。

 

そして最後は、花の うちを建てました。

今にも壊れてしまいそうで、そよかぜが吹いただけで ゆらゆら揺れますが、とってもきれいな うちでした。

 

あくる日、悪いおおブタは、やっぱりやってきました。

いつものように、オオカミたちの うちを壊す気でしたが、なんだか様子が変わってきました。

とっても悪いおおブタ、最後は、どうなってしまうのでしょう・・・




感想

いつもは悪者のオオカミ。

でも、この絵本の中では、とっても可愛くて、真面目で、のほほんとしています。

 

おもしろいのが、ブタの極端な悪役ぶりです。

ブタの表情に、読み聞かせながら、笑いをこらえることができませんでした。

本当に悪いおおブタでしたが、天使のような3匹のオオカミのお陰で、最後にはほっとできる内容の絵本に仕上がっています。

 

5歳の娘は、ゲラゲラと笑っていました。

もちろん「三びきのこぶた」のお話を知っていて、一応パロディーと分かって笑っていたようです。

小学生でも十分楽しめるお話の内容ですので、また少し成長したら、一緒に読んでみたいと思っています。

 

興味深いのは、著者が、犯罪学者だというところです。

執拗に、かわいいオオカミたちの家を破壊する、悪いブタ。

手口が凶悪で、絵本なのに、なぜ?と少し怖さも感じました。

 

物語を読み返してみると気づくのが、この絵本のブタは、オオカミを食べるために家を壊したのではなく、実は、心の底から、家に入れてほしかっただけなのです。

 

面白いだけでなく、奥の深い絵本です。

こちらの絵本もおすすめです







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。