大人も深く考えさせられる人生の教えの絵本「3つのなぞ」




絵本の情報

3つのなぞ

【作】ジョン・J・ミュース

【訳】三木 卓

【出版社】ブルーベル館

あらすじと感想

ニコライという少年が、いい人間になるために抱く「3つの謎」を解いていく物語です。

 

「トルストイ」の著書「3つの疑問」を、子供たちに親しみやすい形にかえて描かれたそうです。

 

「僕は、いい人間になりたいんだ。」

「でもそのために、何をしたらいいのか、ちっともわからない。」

「なぞが3つある。この謎が全て解けたら、きっとわかる。」

 

少年は、迷い、立ち止まり、考えます。

 

「いつが、一番、大事な時なんだろう?」

「誰が、一番、大事な人なんだろう?」

「何をすることが、一番、大事なんだろう?」

 

ニコライ少年は、3つの謎を解く旅に出ます・・・

 

哲学的な内容ですが、分かりやすく、子供向けの物語になっています。

 

私は、いい絵本だなぁと、読みながら思っていたのですが、4歳の娘は、まだ「毎日、楽しければいいじゃん!」という感じですので、特に心に響くというものではなかったようです。

読み終えた後も、「さ、寝ようかーっ」と、あっさりしていました。

 

小学生になったら、もう一度読んでみたいと思っています。

>>こちらの絵本も人気です

 







シェア大歓迎です!


毎日の読み聞かせは、お母さんからの贈り物

絵本の読み聞かせをしてあげられる時期は、案外短い。最初からうまくいっていたわけではないけれど、毎日の読み聞かせは、間違いなく私達親子に、沢山のことをもたらしてくれています。そんな私達親子の「読み聞かせ」これまでと、これから。


ABOUTこの記事をかいた人

1児(女の子)の母。 毎日の読み聞かせは、愛情のシャワー。 ただただ絵本が好きで、毎日娘と楽しんでいます。 特におすすめの絵本を、このブログで紹介しています。 どなたかの、絵本選びの参考になりましたら幸いです。